突然の・・・・・・・・・・訪問者




駅を降り立った時点で


あー

空気が違うな~

なんていう感覚に、

速攻、身体を包囲される。


さ・・・・・・寒い。。。

思っていた以上に!

こんなに違ったっけ~?

なんて一人で回想しようとするがそんなの

一瞬の事~。


旧軽銀座を通りながら向かう途で思った。

様変わりが激しい~~~っ!!ってね。

店も雰囲気もアチコチ変わった、ってか

この辺は以前から

年中変わり続けては居るけども。。。



空気は変わらないです。



で・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の朝、

ちょっと書き物をしていて、、、

何気に窓を見た

途端!

目が合ったのだーーーーーーーーーー!!


覗いていたのだ  ムムム~。。。

いつから覗いていたんだーーー?あ~~~ん???

と聞く前に、

心臓バクッ停止カウントダウン。





コッチ

急いで窓に近付くと同時に!

アッチ

踵を返して逃げて行く~~~

網戸を開けて

ソッチの方を見ると

何やら

アッチの方で止まって

振り向いているじゃ~~~ないの

一応、手には、
昨日歩く道々買った
煎餅専門店の手焼き煎餅。。。

あの煎餅屋あけぼのより値段が

馬鹿高かったから~

チッ!旧軽~気取ってんじゃねーーゼ!って、五感が良い仕事した。

袋ものじゃなく、ばら売りの中で選びに選びぬいた三枚
の内の~~~、

一枚を持って

よ~~~く見える様に掲げた訳でした。



(今思えば・・・
自分がナシテその様なことをしたのか、分かりませんが。。。)


だってね、

そもそも

新鮮そ~~~な野菜をむしゃむしゃと

食べながら覗いていたんだから。
爆~








何とか、



何とか、



証拠写真が撮れました!!  見てください。













d0035823_8523799.jpg

















餌付けされていない本当の野生鹿
















にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

今日はこれでお終いにしまつ・・・・・・・・・・・ 読んでくれて嬉しいでつ
又、何度でも来てつか~さい。コメント置いてヶ~             ★感謝★
[PR]

# by karkowitch | 2010-06-13 09:40 | お出掛け倶楽部[国内の事]

有る意味ピンチョス的な



喉がカラカラで痛みすら覚え
夜半に起き出す

凍れる月があった

諸星は何とは無し
ゆらゆらと
燃えているよう・・・

なのに
月はヒヤッと凍っている

お月さん、何故にそんなに
冷ややかなんですか~?

そちらに在住の
若しくは
働きまくりの
うささん・・・
居なくなっちゃったのですかぁ~?

な~んてね・・・

さっき見ていた夢は何だ!!
おぞまし過ぎるゾ!!
少し反芻してみる
やはり
おぞまし過ぎるので
思考停止で寝る


雀、チュンチュン
鶯、ホットケョ~
めじろ、チーチー(知らんゼヨ)
ヒヨドリ、ギャーギャー
と・・・
朝が来た

ンッ?・・・
ホットケョ~?

この激しく鳴く
鶯のホットケョ~(放っとけョ~)で
ワッカリました!と悟るのだった。爆~

スッカリ脳内が
リフレッシュ
及び
リセットされた
おーーー、
朝陽って爽やかだーーー!!




朝飯は~~~
気分的にはピンチョス的なものを・・・

で、こんな
ブレックファースト
一部、有る意味ピンチョス的な(((笑)
ワンプレート
こりゃ、大口だゼイ!

d0035823_10364319.jpg目玉をワザとく潰したカリカリガーリック目玉焼き、フランスパンにカマンベールチーズのピンチョス、昨夜作った~アボカド、ブラックオリーブ、ぺテトマト、みじん切りオニオン、キューカンボー&ニョッキのサラダ添え


    ワンプレートは何かと楽だね、ウン。












                                  明日から旧軽井沢に行ってるけんね~。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
今日も最後までお付き合い頂き、嬉しゅ~~~てかなわんゼヨ。又来てちょーョ!    ☆感謝☆
[PR]

# by karkowitch | 2010-06-07 12:30 | 創作料理の味

ハッポースチロールからピース!



ヘ~ロヘロで帰った途端、
宅急便だ。
巨大なハッポースチロール箱。
ろくすっぽ確認もしないままサインし、
そのままにして置いた。
ところが暫くして
結構大きな音がして来たのであります。
ガサガサガリガリ
何だ~???と思い 玄関に駆け寄った自分で有りました。爆~
今改めまして読みました、ハイ。

毛蟹』・・・・・あの人が最後に言った言葉です
が脳内を巡るキンチョー感。。。なして???

やっちまったな~、
ヤッツケ仕事に入らねばならんとは!とほほのほ。。。
こんなもんだね世の中は。
まあねワシ、こういう時の為に
巨大闇鍋を隠し持ってるけんね~、慌てんのよ、はっはははっは~、、、ェ~~~ン。
箱のテープを約2秒,3で一気に引っぺがす!!
蓋を開けたっ、と同時に
ピース』と
言わんばかりの腕が高々と上がった!・・・毛蟹のだ!
でね~ェ、そんでも
や~~~っと蒸しあがったのね~。
もう動きまくるから鍋に入れるのと~ってもと~っても苦労だった(号泣)分かる?

一応蒸す前と、蒸した後の、をのせまつ~。
茹でたんじゃな~いのォ、蒸したの。
見てください』    まーたジャパネットかよ・・・(って言った~?)


d0035823_955231.jpg
活き活きと互いに鬩ぎ合っている風景写真。






d0035823_955397.jpg
睨みを利かせたまま逝っちまった風景写真。   チ~~~ン。


写真じゃ分からないかも知れないけど、一匹の胴体だけでも20センチは有る大型なんっすね。。。
指なんか切断されそうだかんな、  握手は諦めとけ~!  爆~








次いでにね
成田帰りに魚屋で買って帰った新鮮なイカも仕込みますたっす~
塩辛大好きだしー。
おいらのイカ塩作りのミソはね、豆板醤を入れる事だよ。これがやたら旨いのだ~。

d0035823_1075525.jpg

塩辛は作った後からドンドンつまんでいくんで直ぐ無くなっちゃいますけども。







今日も最後までお付き合い下さり有難う~~~っ!!嬉しいです。又遊びに来てくださいね!!                     ☆感謝☆




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
[PR]

# by karkowitch | 2010-06-03 09:49 | 創作料理の味

バリの続き

d0035823_1632259.jpg

ここ・・・滞在しているコテージのパティオですが~
凄いでしょう?
見てください』(ジャパネットたかたの・・・回し者)
ほらほら・・・ほ~らほらココナッツの実がたわわ~『』^^♪つい、
ついね、ハモっちゃったのォ
そ~~~、一人で。(湿気で既にやられてるかも)東京帰ったら病院行きまつ・・・
みんな堪えてくれぃ^^♪♪♪  

結構な早朝の4時半辺り~?なのですが、早くもこんなに朝陽が強烈で
うっ。。。目眩が!! 






   




<休憩中>












では・・・気を取り直して
通路側に回ってみるかんね~!(早くもヨレヨレ)
d0035823_16361563.jpg

湧き水が湧いてる沼?が広がっている性か、夜明けと共に鳥の饗宴が凄まじい   藁藁・・・藁



オマケの、 藁    むむむ・・・    




d0035823_16382927.jpg

一応、こんな有名な場所にもヨレヨレと行って見たっちゃ、   ライステラス(段々畑)
もう湿気でやられてるからねーェ、
移動するのに車をチャーターして、
地元運転手と地元案内人=Mrワルジャナの二人に、
通してお世話になりっぱ!  (安くて感謝でつ)
名前とは裏腹に非常に親切な良い人だった。
ケチャックダンスに登場する猿とは大違い!・・・って当たり前か。
えっ?・・・何ですかぁ~?

だ~からぁ・・・ 
『おぬしも悪じゃな、カッカッカ~』という
シーンは発生し無かったのよ~   (誰も聞いてねェ)

で・・・このライステラスの
高地に上ってから見下ろした場所で
爽やかな風にヨレヨレと吹かれながら写真を一枚『パシャッ』
すると~・・・
地元の子供達が集まって何やら?
大騒ぎしてコッチを見て笑っているのね~?
中の一人が盛んに撮ってと合図するので子らに向けるとヤケに素早くこのポーズ。  
びっくらこいて・・・
汗だくの額からスッ汗が引いたのはこの瞬間。前にも後にも
汗が引くなんて。。。こん時だけだけんね 
命の恩人(子供らに深く感謝)爆~
下がその恩人達の貴重な(涙)貴重~~~な、一枚でっー。
d0035823_16503252.jpg










コテージの近くが海ですが・・・夕方になるとサーファーに代わってこんな感じ。やっぱ、サーファーのメッカって感じでしたね、バリは。
d0035823_16515867.jpg





バリ島通信はこれにてお終いでつ。






最後までお付き合い下さりとても嬉しいです。有難う様~      ☆感謝☆




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
[PR]

# by karkowitch | 2010-05-29 16:54 | 旅の話[海外の事]

ビバ~  バリ通信


ハロハロエブリバーディ~ バリ島からこんにちは~

いやいや暑い・・・正確にはミストサウナ状態
今現在はこちらは乾期。
ですが汗だく、、、本当に頼みますよ!何とかしてくれぃ!湿気だけでも。
湿気は駄目なんだな~(ヘロヘロブチブチ)
いえ決して大げさでなく、
もうシャワー浴びた朝っぱらから汗だくで髪の毛から全身グッショリ。
服なんかびしょびしょ!
で・・・思い出しましたね!
かつて何度か降り立ったバンコク。
あのドカーーーン+モワ~~~ッ!!感と同じだ。
おーーー、ヤダナ~、こーいうの最高に苦手な空気。
そんでもって
何日居ても慣れないんだな~・・・(ヘロヘロブチブチ)
乾期でこうじゃ雨期はどうなのよォ~?呆れるわ

ほんでも湿気をモノトモセズ過ごしている人種がいるのだね!
尊敬しますよ。
こっちはもうグシャグシャ状態で体力を消耗し、あー、住めない・・・て
意思を固めた次第でした~って住もうなんて考えた事無いけんねー  爆~
今の時期は日本人が全然少ないから如何にも『外国』だけど
替わって、オーストラリア人ばかりで溢れごった返している。
で、毎日接していると、何なんですかね~?強烈に感じる事、
彼女(彼)らオーストラリア人はどうも下品なんです、何かとね
品格というものを感じられないのですが。
ルール(マナー)違反が多いしね~男女問わず。
品格無いのに偉そうで こっちがハズい思いしたりなんかして~

例えば?・・・そ~ですね~・・・
例えば~、機内でも勝手に自分の好きな座席座ってその番号の人に移動させられていたり、
真ん中4席を一人で占領して早々横になって注意されたり(数人居た)
レストランで混んでても何も注文せず延々くっちゃべっていたり~、
バリでは野外舞台が沢山ありますが、客席と舞台が近い。
最前列の方ガタ、ずら~~~り舞台に足を開いて乗っけていた(男女問わず)
ので驚いたね! 演ずる舞台だよ!失礼だろ。
食べ歩きでかさかさ屑捨てて歩くし~、
どうだろう? こんなで偉そうだから参るよね。
もしかして旅の恥は掻き捨て? 藁藁藁 
他人の振り見て我が振り直せ
日本人も 気を付けましょうね~ って自分を問質す

ところで以前。。。
砂漠の緑化運動の一環でエコツアーに参加、
カフールという名の木を砂漠に
(砂丘じゃないのよん砂平線が広がる砂漠よん)植えた事がありますが、
あちらの方は40℃以上の気温が連日続き、
それでも平気で炎天下をガシガシ移動できたのも
一重に大気が乾燥していたから。汗なんか速攻消える。

私は汗に弱いと声を大にして物申す~~~っ!爆~

それでも今回は
キャメルサファリという面白い企画に参加するのが一つの楽しみだったのだ~!
湿気は想定外だった(甘いか)
キャメルサファリは爽快でございました。足元にさざ波が寄せたりしてね。
カッポカッポ歩きながら私は、
戦争仕掛け人北朝鮮や、イランの危険性、日本のド下手外交、
明らかに上手の立ち回り中国、などを
浅く思考していたのでした~    爆~

d0035823_18225553.jpg

d0035823_18231370.jpg

d0035823_18234463.jpg



そしてバリといえば屈指のスパ本場
シロダラとか体験してみようと野次馬精神旺盛に・・・くくく

まあ、イメージ写真を載せさせていただきますね(さっきも言った様に外ほっつき歩いていると湿気で命の危機を感じるんでこうやってスパで危機対策を)爆~

d0035823_18264243.jpg
これドロパック

d0035823_18272511.jpg
これはバリの男のモデルか?

d0035823_18283379.jpg
これこれ、これをやったのだ、シロダラ。自分の写真は無いからパンフのを載せさせてもらいまつ  
おでこにたら~っとココナッツオイルの熱くしたのを垂らすのだ。
堪んない気持ちい~~~!!
額中央は 生命エネルギーの拠点で別名チャクラ(第三の目)とされているそうな。
霊的なパワーが集まるというシロダラ。皆様も一回やってみると良いと思う。

後、カップルでもよく使われるそうですが ちと・・・コッパズカシイ写真を載せる。
なんせこっちでは当たり前らしいんで。
d0035823_1837242.jpg

薔薇やランの花がギッシリ賑やかで凄いですよ、ほんと。。。
リンパオイルマッサージの後、ここに促された。(笑)

あ、そうそうこっちではねー、この風呂に入る前こんなのを渡される。さてなんでしょう?
d0035823_18403963.jpg

実はこれは多分バリ全土共通だと思いますが・・・紙パンだよ。(食べるんじゃないのォ、穿くの!)笑




全く無関係と判断される方も中にはいらっしゃるかと思いますが最後に呟きたい事、
ハイチの瓦礫の中で大活躍されている日本人医師(女性)がいらして、医師の側ら色々な活動、指導を独自でされている。しかし先のハイチ大地震でその病院も瓦礫と化した。現在はテントで重病人の医療を続けていらっしゃる。『ハイチのマザー・テレサ』と呼ばれるその女性は御歳83歳?でしたか?・・・ 個人的に本当に嬉しくて。。。感謝の気持ちで一杯です。









最後までお付き合い下さり嬉しいです^^♪有難う  ★感謝★ご意見ご感想を置いていってね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
[PR]

# by karkowitch | 2010-05-26 00:59 | 旅の話[海外の事]

上海の結婚式

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

またまた 上海に行っておりました。と言うのも、
去年から頼まれていた上海での結婚式列席及びちょっとした手伝いとその他の付き合い。中国ってヤッパリ赤が縁起良いわけで、最高峰は金色ですが一般的には赤をふんだんに、アチコチに取り入れてめでたさを表現するみたい。玄関ドアーや、窓、椅子の後ろやらに赤い紙を貼り付けてあった。国が違えばやり方も相当違うものだな~と思う事しきり。。。先ず、結婚式当日までには作られている、数日掛けてのロケハンが凄いの何の!(勿論、新郎新婦のアルバム制作用)新郎新婦は式のスタイルでもって 防波堤やら横断歩道やら川原やら、どこかの高層ビルの最上階やら?であらゆるポーズを指示されて撮影をこなす。この辺の状況は以前何度か、韓国に行った時も負けてない感じだけどね!(笑)それだけでも相当参っちゃうんですが(私が勝手に参っているだけですけど・爆~) 
今度は日を変えて結婚式当日・・・
朝から家族、親族、友人などが加わり、何度も何度もリハをやってから親子の挨拶辺りも入れて、ドラマチックな一連の構成を踏まえDVD撮りをやるのですよ~(無。。。)雨が降った日にゃ大変だ  でも今回は相当な日差しの上に強風だった。ウォーターフロントでの延々とした撮影中、日差しが背中や脳天を思イッキし突き刺してきたのですけれども。。。延々と撮影は続く・・・皆さん笑ってはいますが辛そうな人も(笑)そんな風な慣わしですからやはり、花嫁さんはこの時は、スター中のスター、、、ってか、お姫さまそのもの~、更に『女王様』・・・そうなんだ!!一番綺麗な時に、一番綺麗なお姫様スタイルでプロの指示で最高の姿を残すって。記念写真のアルバムは特大サイズで表紙なんてアルミ合金で出来ていた。一冊に付き20ページ以上でその枚数分の違ったシーンが納められている、それが2冊もある!(凄過ぎる)漸く夜に成って結婚式本番・・・・・・・・・・・・・
式そのものは、数百人が列席する中、9割方が花嫁さん側だった。そういうものらしい、そして日本の様な、仰々しい引出物は一切無しで、はっきりしている。その代わり、名刺代わりの小さな可愛らしい小箱の中にキッスチョコが数個入っているのを一個づつ皆様の席に置いてあった、それだけです。こういう慣わしは有る意味、(引出物?に関しては)GOODかもねー。場所は上海の森ビルの隣の、やはり超高層ビルの上の方。このビルにもツアーや、個人観光客が引きも切らない見学場所となっていた。御祝儀は皆様ゴッソリ奮発する。ハネムーンは花嫁さんの希望を通す。まあ総て新婦さんの為に結婚式はある様です。(それらが日本の比では無いのだ)我々は花婿側ですから少数。花嫁さんが式中盤でテナー・サックスを演奏するシーンが有りましたが非常にカッコ良かったです。テーブルの上は次から次へ大皿が運ばれて来て延々終わらない。凄い。でね、途中帰りたい者は勝手に帰ったりして自由だ。どっちにしても一連の経費、新郎側が全部お金を出していた。花嫁さんが希望した新居となったウォーターフロントの高層マンションも、花婿の両親が買ったのでした。国を挙げての一人っ子政策の中で生まれた二人ですからどちらも勿論一人っ子で姉妹兄弟無し。日本で言ったら新郎は一粒種のしかも長男(特別?)という立場ですが、そんな意識は中国では全く関係無く兎にも角にも花嫁側中心なのが、有る意味男らしいと云えます。後日・・・二人は花嫁さんが希望のマルタ島へ飛び立って行った。  あくまでも撮影主体の結婚式。。。ムム無          
まあ、万博の性で成田からの上海の往復飛行機代はいつもの3倍以上に跳ね上がってましたが、今回は、歩いて行くには調度良い距離だったので毎日、南京道路やガイデンブリッジ(外白渡橋)周辺を朝夕に散歩、お台場の様な場所ですけどね。今回私がちょっと海を行き来する船を眺めていたら、パリ在住のフランス老人に何処から来たのかと話掛けられたり、ハルピンから来たと言う青年に、一緒に写真撮らないか?みたいに声掛けられたりし、二人と知り合った(笑)皆さんツーリスト。上海の目まぐるしい変貌振りを目の当たりにする事が出来ました。超高層ビル群がドンドン広がっているのだ。都会から離れると埃っぽい瓦礫の様な風景が広がっているが、何せ大陸ですから規模が違うし。。。人々の格差も相当なものです。しかし~もうこの勢いじゃ、日本は敵わないですね。同行した中の一人が冗談でこう言った『1年前辺りに上海に行ったって言っても、古いと笑われるだけだよこれじゃあ』 何だか言い得て妙で、つい爆笑してしまった。









d0035823_16364431.jpg



d0035823_1637650.jpg
それからね、前回で食べた美味しいフルーツはこんなの、『パイナップル蜜』って言うのだそうです。好きだから、又食べちゃった、毎日食べたい感じー。











最後までお付き合いくださいまして有難う御座います。どうぞ又お越しくださいね ☆感謝☆
[PR]

# by karkowitch | 2010-04-28 09:00 | 旅の話[海外の事]

ザ・温泉





都内に戻ってからどうも温泉づいていて、伊豆の温泉(あちこち)の後は友人と台湾に行ってました。私は台湾は3回目ですが友人のたっての頼みで行く事に。台湾の温泉は初めてなので楽しみでした。台北の地下鉄でペイトウという処まで行き、乗り換えてシンペイトウまで行ったらそこはもう温泉天国だった。予め情報を入手しておいた建物を探し行った訳ですが、サクッと見つける事が出来て館内に入った。いやはやそこは総大理石の温泉会館だった。1階(落ち着いてゴージャスな休憩フロア)のフロントで手続きしてから二回へ(休憩兼レストラン)・・・更に三階へ・・・三階からが温泉。やはり大理石の国=台湾が物を言わせ~総大理石。そこで気付いた事があった。何となく雰囲気が違うな~。。。と辺りを眺めて、『あ~~~、そうか~』と。 全体が結構、薄暗いのだ。ソノ性でかなり落ち着く。どの浴槽も湯の温度が大きく表示してあり分かり易い。生温いミストサウナは自分では何となく物足りないと常々感じているのでやはり、カッキーーーン!と熱い通常のサウナの方に入る。冷水と合わせて三回程、出たり入ったりしている処に台北の地元から来たという人が「どこから来た?」とか話しかけてきて、な~んか日本と似ているな~と思ったらりしながら、楽しい温泉となった。台湾の方ガタっていつも感じるのですが、相当!親切な国民ですよね~、どこで何していても話しかけてきては笑顔で応えてくれるので本当に、こういう事で我が身を反省したり、旅の良さをしみじみ感じるられる。(滞在中はツアーでは味わえない沢山の感動を体験出来たな~。) その日は、温泉を出て大満足で町中を歩き回っていましたが、ふと回転寿司屋が目に留まったので入ったのでした(笑)  実は、海外で回転寿司屋、入ってみたかったのです。本当に、、、いくらが特に面白かった。

余談ですが・・・・・・・・・・・・・・
温泉繫がりで思い出した事があります。 以前トルコでも温泉に入ったのだー。バムッカレの方とその他の方。所謂『トルコ風呂』という風呂。風呂発祥の地トルコ風呂は相当面白い健全風呂と聞いていたが、相当面白いという処が想像も付かないし・・・人生一度は入ってみたかった(笑)
そのチャンスが訪れたので予約した。時間になり呼ばれて行った。
先ずロッカーで裸になる前、紙で出来たブカブカパンツを『これを穿け』と渡された。促されたドアーを開けたら・・・そこは相当、だだっ広い!ホールの様な総大理石の風呂場だった。眺め回したら既に裸の先客が(風呂だから当たり前か!)数人向うの方の壁に寄りかかって座ってコッチを見ていたのですが~浴槽というものが無い!!!のでビックリ。。。そのだだっ広いフロアの真ん中に大理石の、座って調度良い感じの高さの円形台があり、係りの人がそこに仰向けに足を開いて寝転がれと合図した。その台には私の足元辺りを頭に、一人こっちを向いてうつ伏せになっていた先客が居たから変な話、こっちをジックリ眺められたりされてて落ち着かない。。。(爆~)まあまな板の鯉だ! 相当面白かった。タオルをブルンブルン振り回して泡ブクを作りパシンと私メに泡の塊を投げつけてからガシガシと適当に大雑把に、垢すりが始まった。やってる間中、大声で何やら喋り捲っていた・・・汗~  最後に突然、『ザッバーーーン!!』とバケツのお湯をお尻の方から掛けられた。。。これがあの「ハマム」体験でした。まあね、日本人はとても綺麗好きだから大満足とまでは行かないけれど、一つの体験として確かに~忘れられない程面白かったですよ。
b>

今回、台湾から帰ってつい最近、付き合いで又一日、大江戸温泉に行きました。垢すりと、リンパのオイルマッサージというのをやった。最高に気持ちよかったで~す。
やっぱ温泉って良いです。飲泉出来る処は最高ね!台湾の温泉も飲泉が出来ました。











今年の桜は何やら中途半端な感じの陽気の中で昨日、突然桜吹雪!
花見の宴会はしていませんでしたが、
ひとひらの桜の花びらがひらひらと私の鼻に落ち、
かすかな桜の香りを楽しむ事が出来ましたよ(笑)
皆様は如何でしたか~?
まだここに来てくださる皆様の処まで訪ねる事が叶ってないのですが
まあその内、ユックリ覗きに行かせてくださいねー^^♪♪楽しみです。   
今日も最後までお付き合い下さり嬉しいです。どうも有難う~   ☆感謝☆にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村








[PR]

# by karkowitch | 2010-04-07 09:46 | 旅の話[海外の事]

爆竹

中国の友達の所でお正月を過ごしていました。
来い来いと連日言っていたので
忙しい合間を縫って半ば強引に飛んだ、上海。
まあ、お正月に爆竹を鳴らして祝うのは
横浜中華街で何度も経験していたけど
実際現地での体験はォ初~’’
本当に驚いた。
爆竹だけじゃ・・・・・・無かったし~・・・
花火までドンドン上がってる!(個人で大玉を)
しかも~
スターマインさながらだよゥゥゥ
確か去年の日本の夏は
花火代が出せない企業が激増して
中止か、上げてもかなり内容がしょぼくなってたっけ・・・
今回ヤッパリ 中国の勢いを肌で感じた。
友達家族曰く『みんな 金持ちになりたくて必死でやるから危ないよ~!』
全く大笑いしちゃったよ、そこで。
朝になってから暫くは少し静かになった。
友達曰く
『今年は少ないよ!いつもこんなもんじゃないよー!!バンバンバンバン!!』
で私はこう言って見た。
「爆竹やらなくても良く成った金持ちが増えたんじゃないのォ~???」
そこで、友達がやけに大笑いした。

連日アチコチ歩き回って、感動の嵐だ。
お正月だから皆、新調した服で
どこも人人人でむせ返る様な上海。
今回は 個人ですから実際、
行きたい所に行き、
食べたい物を食べ、
好きなように時間を過ごせた。

こんなものを食べましたよ。

d0035823_2001460.jpg

このフルーツはサッパリしていて本当、感動的に美味しい。。。




d0035823_2011348.jpg

これ、サンザシと言うのだって。良い良いと言ったのに買って来て食べろ食べろと・・・
甘そうだったから余り気が進まなかったがトライ
酸味があってこれも行ける意外に。周りの飴も自然の麦飴だそうで体に良いっぽいな~、 感動。







d0035823_2024219.jpg

これね、中は上海蟹のスープだけが入っていてストローで吸うのね。
熱々だから火傷するくらいで。。。旨過ぎで感動!!
中も見る~~~?割ってみたよー
こうなってる
d0035823_2045344.jpg

蟹味噌と卵が一杯入っていた。






d0035823_206146.jpg

七宝老街という所に来て こんな風景を眺めながら
d0035823_2064984.jpg

歩き疲れ しばし茶など飲んでいた。






d0035823_20822.jpg

申し訳ないよな~~~~。。。こんな大きな北京ダック丸ごとご馳走してくれて~。。。
5人であっという間だった。。。感動の感謝。





d0035823_2010141.jpg

最後に  これは七宝飯という正月料理でもち米の中心があんこだった。友達家族が作ったものだよ。男性が本当にマメに家事をこなして  感動でした。  皆様に感謝。







 


ここに訪ねて来てくれる皆様、本当に嬉しいです、有難う!こちらからも行ける時にボチボチと訪ねて行きたいと思います。  何回でも来てね~。       ☆感謝☆にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
[PR]

# by karkowitch | 2010-02-20 19:58 | 旅の話[海外の事]

どれくらい振りかしらん?

どれくらい振りでしょうか~?

やっと!

ボチボチと。。。再開出来そう?かなと。。。

これからはなるべく日々の感動を置こうかな~。。。

ささやかでも良いから。


で、皆様へのご挨拶方々、

早速、

最近の私の感動を載せよう

これです。


d0035823_12581236.jpg


これね~、本当にもう!
ハッとする位、
眩しくて!眩しくて・・・輝いていて!真っ白白で!
目が釘ずけ

何かスッキリして~
ストレスも吹っ飛んじゃった。
こういう事って。。。あるんですね~。。。


えっ?。。。顔?。。。

お尻なんですよー、残念でした~???

そんな事無い?

結局。。。向こうを向いたまま

シュルシュル羽を閉じちゃったよ~

『待って~!』と叫んだけどね、つい。  でもね、


物凄い感動でした。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
[PR]

# by karkowitch | 2010-02-16 08:30 | ピュアな心

観て来た観て来た、アレ!



はっはっは~、

矢口高雄原作の

釣吉三平ついこの前、映画=

ハイスクール・ミュージカルを観に行った時、

釣吉三平の予告編を観てからは、面白そうで面白そうで!もう。。。

早くやらないかな~!

早く観たいな~!と心待ちしていた。

で・・・早速、観てきたんだ、へっへっへ~!

いやーーー、本当に面白かった。



【ストーリー】
伝説の巨大岩魚を釣り上げろ! 超人気釣りコミックがついに実写映画化

天才的な釣りの才能を持つ少年・三平は、釣竿職人の祖父・一平と二人暮し。夏休みに入り釣り三昧の生活の中、アメリカで活躍するバスプロ・鮎川魚紳とも出会った。そんな時、東京から三平の姉・愛子が帰ってくる。彼女は嫌がる三平を強引に東京へ連れていこうとするが、それに対し一平は「伝説の巨大岩魚を釣り上げられなかったら、三平を東京へ連れていってもいい」と提案。一同は一路、巨大岩魚の棲む夜泣谷へと旅立ち……。

かつて一世を風靡したコミックを、原作登場から35年の月日を経て実写映画化。天才的な釣りの腕を持つ三平が、一平や愛子、魚紳と共に伝説の巨大岩魚釣りに挑む姿を描く。主演の須賀健太ははつらつとした演技で釣りに熱中する三平の純朴さと純粋さを表現。渡瀬恒彦、香椎由宇、塚本高史もそれぞれ確かな演技で物語を盛り上げる。また彼らを包み込む日本らしい自然の美しさも感動的。監督は『おくりびと』でアカデミー外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎。シンプルな演出で人の心や自然の美しさを力強くスクリーンに映し出してみせた。『ALWAYS 三丁目の夕日』の白組による美麗なVFXも見どころだ。




d0035823_21212117.jpg





初っ端から

鮎の友釣り大会シーンが出るとはまさか思っても居なかった。

計らずも・・・友釣り名人の亡き父が浮かんだ。

実際の友釣りをよく知っているスナフとしては・・・

映像では非常に乱暴なタモ入れを見せているので、そのシーンだけは

やたら悲しくなったが、まあ映画だから仕方無いか。。。と見逃す事に、、、

だってそうなんだよ、おとり鮎を弱らせない為には

とても静かに引き寄せて掛かった鮎を外さなきゃプロとは言えない。

詰まり・・・宙を飛ばしてタモに勢い良くキャッチするやり方は

鮎の友に限っては恥ずかしい行為と。。。スナフは子供の頃から

亡き父に習っていたからね。

実際に、

静かに引き寄せながらタモを水中に入れ掛かった鮎をキャッチするやり方は

返って難しく、又美しくもある。

反面、空中でバシッとキャッチするやり方は

豪快且つ一見、カッコイイ様に見えるが、それは

本当の友釣り名人ではやってはいけないと。。。


まあ、

後の映像はとても素晴らしくて、

本当に映画なのに

マイナスイオンを全身で浴びているかの様な錯覚が、

最高に心地良かったな~~~!

岩魚の叩きって旨過ぎるしねーーーっ♪

それから、観て良かったと思えたのは、

竹で作った『和竿』の値打ちを

何気に訴えている部分は素晴らしい!

リール付きの巨大ブラックバス級を釣るアクリル竿より値打ちがある

現在では幻となりつつある竹の『和竿』。。。

その素晴らしいのを三平が当たり前の様に持っている事が痛快だったよ!!

久々に脳内がリフレッシュできた感がありました。


いや~、 楽しかったです。












ところでみんな、
<北朝鮮のミサイルに当たらない様に気を付けてね・・・・・・・・・・~~~>

今日も最後まで読んでくれて本当にアリガトウ^^嬉しいですよ!コメを置いて行ってね、
スナフの友達に心から感謝にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
[PR]

# by karkowitch | 2009-03-29 21:34 | 映画の話