<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

38・創作料理家の味・・・ウルフ流・オイルサーデンさーさーどうぞー!

 にほんブログ村 料理ブログへ 





大量の獲れ獲れチビ鰯が来た。
しかし本日は泊りがけで出掛けなくてはならぬのよね~・・・
よし、朝の内に やっつけを 始めよう!  いざッ!!!

d0035823_13591749.jpg

非常に新鮮!!なので~やはり、ただ冷凍しておくのは勿体無いのですね。。。
捌きながらも、ちょいちょい、擦った生姜に醤油で
一切れ、ふた切れと・・・立ち食い  (オイオイ、出来上がらないゼっての!)
この様に一尾づつ、尾頭取り、開いて、内臓出し、骨を取り、塩水にドンドン投げ入れていく。
なんせ 小さいから 大変なんすね~!!!!(シクシク)
ヤッツケの 仕事は 更に延々と続くのだ~~~~~ 


d0035823_1357110.jpg

そして、全部済んだら、一枚一枚を綺麗に丁寧に洗って後、水分を拭き取り 
最大のポイント= 『インカの岩塩・一塩』をして置く。  ↑↑↑写真の通り。




d0035823_13574328.jpg


フライパンでエクストラバージンオリーブオイル、大蒜スライス、鷹の爪の千切りを入れ そこで弱火を入れる  大蒜が狐色になったら 火を止め 冷ます。 保存パックに 先の下拵えした鰯を並べて入れ、 冷めたピリ辛大蒜オイルをひたひたに入れる。 

『 ウルフ流・鰯のオイルサーデン・アンチョビ 』 の出来上がり。(これは下拵えに手が掛かるが本当に美味しくてね、 応用が利く、サラダにちょいと乗せてもいけます。お試しあれ~)






追伸::::::::::おいら 鰯 焼く時は、頭も内臓も食べます(当たり前ですが)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へにほんブログ村 料理ブログ 創作料理へにほんブログ村 料理ブログへ





最後まで御覧頂き大変嬉しく思います。有り難うございました。又お出でいただきたく・・・涙
[PR]

by karkowitch | 2008-01-30 13:57 | 創作料理の味

             ひたひたと

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



              冬の夜の雨は ひたひたと さめざめと

              窓に雨粒が光って見えたら

              全開にして 雨の匂いをかぐ

              この時が・・・鼻孔を通る雨の匂いを

              吸い込んだその時が・・・

              これは 一体何だろう・・・

              コマ送りの様な回想に 拍車をかける

              なぜだろう・・・・

              この冬の雨の匂いを嗅いだ時・・・

              決まってそうだ・・・・・

              懐かしさと喜びに満ち溢れている

              冬の夜の雨は・・・・・実に素敵なんだ

              ひたひたと  この心に染み入って来て

              静かに夜は深けていく・・・



              私の心の中はもう・・・とっくに・・・

              宇宙の空間に飛び立った

              それは・・・

              実に素敵なんだ

              何だか透明で・・・ 

              スッキリ笑っている自分が見えてね・・・













にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




              
[PR]

by karkowitch | 2008-01-29 21:53 | 自作、自詠詩と一句

月例会









月一度の定例会です

新宿の某寿司屋は超満員!!!

駆け込んで行ったら、既に参加者が

旨い寿司を頬張っていらっしゃいました。

今月は、参加者が非常に少なく

4名だ。

しかし 実に良い雰囲気で、会話は

ほのぼの且つニコヤカに進行して行ったので あ~る!!!(偉っそうに・・・)




食べ終わる頃に、何だか無償に海豚が見たくなったのだよ・・・

もう一人見たい者と2名でもって!!!見に行こう!!!ってなった訳。

品川アクアリウムへ~~~~~!!!ここ2回目だよ。

居た居たーーーー!!!

海豚達が、『自主トレーニング』しちゃって 

な~んてお利巧ちゃんなんだろう!!!可愛いったら無いよ!!!

そうして、ショウが始まった途端!!!同行した者が 

なにやら舞台に呼ばれて、インタビューまでされちゃってて・・・  

しかし・・・シッカリ答えていたな。。。(大物だわな)

海豚見ていたら 本当に癒されたのだ~~~~~最高。

d0035823_20451650.jpg

           こうやって自主トレしてるのよ・・・頑張んべ~私~と心底思った。






d0035823_20453897.jpg

                    『 海豚に乗った青年 』












                  時々・・・・・・来よう・・・・・・と思った。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
[PR]

by karkowitch | 2008-01-27 20:46 | お出掛け倶楽部[国内の事]

お出掛け倶楽部・44・・・チャンコ




私が所属している正真正銘=『お出掛け大好き倶楽部』 の新年会がありました。

気が付いてみれば半年以上も諸事情で、参加見送らざるを得なかった。
年も改まり顔見世くらいはせねばならぬ~~!!と 多少無理して出かけて行った訳なのだーー。
場所は両国。   両国は本当に久し振りだな~ルンルンラララン・・・と、駅に着いたは良いが、らららん~ん??・・・・様子が前と違う???オノボリサン状態やおまへんか~右も左も~分からしまへんえ~シクシクシク~~~!!!だが、やっとの思いで時間には遅れずに 『チャンコ・巴潟』に自力で到着したのであったぞなもし。        しーーーーーーーーーん













大勢で、和気藹々と鍋を突くのって
本当に いいもんです
『いいですわね~日本の冬』 
ここ、巴潟のチャンコは結構イケテル、
なかなか旨いよ~!。
やっぱね、火を弱めたり強めたりしている内に
段々味がしみ込んでいくわけです。
最初と後では随分味が違ってくるね、鍋は。
  
そうして、満腹になって店を出てですね、
そぞろ歩きをしていた訳です。。。と、
だれかが!!!!! 
「この直ぐ近くに、鼠小僧の墓があるよー」
と、、『いうじゃな~~~い!』
じゃ折角だからと  
又ゾロゾロと行って見る事になったのよン。。。

d0035823_2062212.jpg



あれが鼠小僧・次郎吉のお墓、そして手前にあるのが、「お前立ち」という碑、、、
こうやって 言葉少なに・・・・・・・・(ピピーーーッ!智恵子抄かえ?え?)

ここに着いた時はここが 物凄い人だかりで いや~、さすが観光地だなどとつぶやきながら
我も吾もと近づいてみたら  なにやら若い男達。。。厳密に言えば、男子高校生らが、この手前の碑を、ガリガリと 石で削っていたのだよ???

『削り取ったのを、家でお湯入れて飲むんじゃない?』

『えーーー!まさか』・・・・・・・・などの禅問答の後、       (は~~~っ?どこが?)

即行直で質問

『そこ削ってからどうするのーーー?お守りみたいに持ってるのーーー?』

「そう、受験合格祈願の願掛けだよ」との答え。・・・・・・・・・・・・・・・・・だそうです。

いや~、両国はこうやってタマに来ると結構面白いね! お相撲さんがあちこち歩き回っているし。和服や足元の状態でランクが分かっちゃう。(ワシ、じぇ~~~ったい、ピラピラの浴衣に磨耗が激しい下駄、そしてまだ曲げも結えないぼさぼさ頭らを 応援しちゃうけんね!)
  楽しい一日でしたね!。
d0035823_20212925.jpg


                   これは 回向院の「力塚」 というもので・・・・・・・・・・・・・・
                   力士の新弟子が願掛けに御参りする碑なのだそうです。
                   皆一生懸命やっていて、好感が持てました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
[PR]

by karkowitch | 2008-01-26 20:00 | お出掛け倶楽部[国内の事]

写真をどうぞ・・・・・ぶさねこ?









ぶさねこって言葉聞いたことございますか?

びっくりしました。。。。。

不細工猫の事だったのね。。。。。

それで お伺いしてみた

吹きだしてしまった!!

ナンダロウ、この不思議な顔は

昔、友達にこういう顔の女性がいたような・・・

しかし・・・・・よくよく見れば・・・・・何だか哀れな可愛さで・・・・・胸が詰まるよ。

d0035823_14412082.jpg

                            
                          ぶさねこ(まこちゃん)・・・・だそうです。。。

                          変に  癒されました。まこちゃんどうも~。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
[PR]

by karkowitch | 2008-01-24 14:42 | ウルフ写真館

(64)・旅の話・・・チェコ

d0035823_15191557.jpg

                          (チェコ・プラハのカレル橋)


チェコのプラハは アマデウス(モーツアルト)の撮影場所で知られています。そしてスメタナのモルダウ・・・・・・・・・・このカレル橋に流れる河が まさにモルダウです。
このモルダウ河、本当に水量が多いの何の!ビックリした。
幾筋もの川がザンザン流れてモルダウとなって・・・
物凄い水音、ゴウゴウとした流れを見つめながら幅の狭い橋を歩いたりしていたら・・・
アッと言う間に、無我の境地。ぼ~~~~っとして来て、細かい事は、どうでも良く成って来た。
それから私は、
この大きくて長いカレル橋を、ゆっくりゆっくり歩きながら、スメタナのモルダウを小さく口ずさんでいた。上からトウトウと流れるモルダウを見下ろし、遠くを眺めしながら、「その通りだな~!」と、段々感傷的になって行った。素晴らしいモルダウを作曲後、哀れな末路だったスメタナを想い。。。
私から彼への鎮魂曲は、 アルビノーニのアダージョを・・・そうして、バッハのG線上のアリアに繋げ・・・バッヘルベルのカノンを花束を添えて贈りたい・・・と・・・そんな事を想いながら一人、カレル橋を渡っていた。



そう・・・もう、何度も何度も観ている「アマデウス」 傑作中の傑作だと思う。モーツアルトは神様の申し子、作曲家の中で唯一の天才・・・何故そうなのかが・・・このアマデウスの作品の中にキラッと放たれる。
そう、紛れも無く 『愛』 を掲げて生まれて来たのです。本当の愛・・・紛れも無い愛・・・それを作曲に代え、万人に解り易く伝えられる曲、作りの為に、生まれ出たモーツアルト。 そんな事に・・・何回か観ている内・・・気付かされます。
そうか~、この地、プラハで撮影されたか・・・・・・・と感慨深く又、良くぞピッタリな場所で撮影したな~と脱帽でした。 静かで薄暗く、そこいらの教会にひとたび入れば高く伸びたステンドグラスにハッとし!どんな人でも感動を覚える光りを受け・・・天才モーツアルトの撮影にピタと嵌る。
あーーーーー。。。是非、冬のプラハにもう一度来たい・・・・・・・心からそう思った。




                   (余談ではありますが、折角のチェコですから、ビールの話を!)

チェコのビールといえばピルスナー発祥の地で有名ですね、 さすが本場だけあってビールがめっぽう旨いという。ビールは泡が命。地元でビールを注文しても絶対に直ぐは来ないよ。
物凄く来るまでに時間が掛かる。何でか~?

先ず注文すると、店員がジョッキに少しづつ少しづつ注いでいく。
そうして泡たち加減をギラッとチェック。
注いだ後、泡立ちが落ち着くまで次を注がないでいる。
そして暫く置いてから 又少し注ぐ。
その工程を時間をかけて続けるのだ。
短気な人、絶対文句云っちゃあ駄目ですよ~~~、、、
やっと運ばれてきたそのビールを!   一口!!   口に運んだ!!!  その時に!!!!    解るわけ。

ビールの泡のきめ細かさ、旨さ、馥郁さがサ
何でも~ 箸みたいなのをビールに立てても動かない程、クリーミーだそうでございます。
ご当地ビールは注文に引きも切らない様子。お伴には、プラーグハム(プラハのハム)と、ホースラディッシュ(山葵大根)がベストであるよ!

因みに、アメリカではポプュラーなバドワイザーも、元はといえばチェコのビールだそうです。
ビール好きな方はベルギー、ドイツも良いけど~、 プラハ、プラハです よってに。







にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2008-01-21 15:20 | 旅の話[海外の事]

(63)・旅の話・・・刺繍




           綺麗なものをジックリ見たい時があるよねーー、
           続きで ハンガリーの伝統的な手刺繍の写真をごらんくださいねーー^^^











d0035823_20434215.jpg

           
刺繍専門店でこれ見た時、本当に凄いと思った☆非常に値段も高い。勿論(苦笑)買わなかったが、花園に迷い込んだみたいで花酔い寸前だった・・・・・・・しかし~、手作りのもんは!いいもんです。





にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2008-01-20 20:43 | 旅の話[海外の事]

(62)・旅の話・・・グヤーシュ






ハンガリーと云えばパプリカといえる程、良質パプリカ生産地でもあります。

そしてブタペストと云えばドナウの真珠と称される程、美しい街です。

美しい刺繍、美しい街、美しい人々、最高のパプリカetc・・・・・・・・・・

そんなハンガリー、色んなものを、この目で見たくて、知りたくて、浸りたくて、パプリカも安くゲッ

ト(笑)したくて、、、行って参りましたのであります。



ブタペストに入り、観光で「漁夫の砦」に登った。眺めが最高!中欧は全体的にエコロジーアースカラー 屋根も外壁も全て エコロジーアースカラーで統一されている。非常に心にグッと来る優しい街色。
これは漁夫の砦からの眺めです
d0035823_1073726.jpg








毎日良く歩くのでちゃんと食事時には『グ~グ~』たまったものではないです。(泣)
ここで、
ハンガリーのレストランで必ずいただいた 「グヤーシュ」 を紹介します。
グヤーシュとは、「漁夫のスープ」という意味で、スープタイプと食事タイプとある。
ハンガリー特産のパプリカをふんだんに使い牛肉やたくさんの野菜で煮込んだシチューの様なもの。しかし、パプリカが大量に入っていて、味は辛いのが普通です。
昔~ 遊牧民だったハンガリーが、草原などで作っていた料理で非常に体の芯から温かく美味しい料理。 これがヨーロッパ中に広まった。私も、一番最初飲んだ時はお皿まで舐めたい程だった(笑) 毎日毎日グヤーシュを戴いたのですが、ハズレというのは絶対的に無い!!オ~~~イすぃ~~~~~っ!のでゴザイマスですハイ。
もし良かったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真など見てみませんですか~?



d0035823_10202513.jpg
d0035823_10204327.jpg







d0035823_1021560.jpg

                    ほんとに  ほんとに  おいひいのれす  ハフハフ~
d0035823_10213046.jpg







d0035823_10221497.jpg
d0035823_1029532.jpg












                 





                  

                 なんでこんなに美味しいの!??????








d0035823_10294030.jpg






















d0035823_10302658.jpg

                    随分豪華版グヤーシュだなウン!












実際  感動の スープに シャッポ脱ぎ・・・・・・ただ一言,サリエリ・・・・・違った、
                                        恐れ入りました。














にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ      (FIN)・・・・・・・・・・・・・・・・し~~~~ん
[PR]

by karkowitch | 2008-01-17 10:23 | 旅の話[海外の事]

(61)・旅の話・・・フランスの田舎道











パリから3時間ほど、モンサンミッシェルに向かって、延々と行くバスのなかで・・・・・・・・・

まるで童話の中に出てくるような木が次から次へ 目に飛び込んでくる。

日本では見かけた事がない感じの木なので何だか面白いな~・・・と

時々写真を撮ったりしながら、真っ青な空を見たり、木を見たり、

向かっていく道路に、本当にタマに通る対向車の種類やらを見たりして・・・

楽しくて堪らなかった。フランスの田舎道は本当、牧歌的で・・・時々

民家の敷地で馬が遊んでいたり、羊がいたり、牛やヤギを家畜というより 

家族の一員のような飼い方をしていてそういう光景がぽんぽんと目に飛び込んでくるので 

本当に面白くて堪らない。

たまに、乗馬で川べりなどを 散歩をしていたりして、

非常に『絵になるな~!』 と思えるのですよ、次はどんな風景が有るのか??と 

昼寝している場合ではない心境だ。

そう思っていると・・・・・・・・・・・・期待は裏切らない!!!

小高い平原の真ん中に一本の例の木(童話の様な)が生えていて、

その天辺に大きな大きな鷲が停まって・・・・・・・・・・・・

太陽を浴びて羽を広げていた!!!!実に、『神々しい』姿だった。

しかし~・・・・・・・私が旅をすると、必ずどこかで鳶や鷹などの猛禽類に出会う。。。

カナダに行った時も出会えた・・・・・ロッキーで、

白頭鷲が上からグングン猛スピードで舞い降りて来た時には!!!

『グワ~ッ&キャヒャ~~~ッッッ=====!!!』と心で叫んだ。。。

現れるとだいたいは、私の頭上で旋回するのでいつも不思議に感じてはいたのですが・・・・・・・

何だか本当に嬉しくて堪らないい!!!今回も鷲なんですよ!!!

見ていたら・・・・・・・・

羽を大きく開いて~ワシャワシャとバサ付かせて見せてくれた。

私はその時 心底から『『 命って素晴らしいなー 』』 そう、強く思った訳です。

限りなく・・・・・・・・・・『神聖』なものを感じた。

(何だかね~~~~、ワシを守ってくれているかの様な鷲にワシは感謝します。)






そうそう童話の中のような木ってこんなの
d0035823_1419548.jpg






























にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2008-01-14 13:45 | 旅の話[海外の事]

創作料理家の話・その48・・・夏川りみの涙そうそう




夏川りみさん限定の 『涙そうそう』を、タマに聴きたくなる。
彼女の艶やかで良く伸びる、張りある歌声の中に浸っていたくなるのです。
見るからに真面目で又、一生懸命唄う姿が爽やかで、
聴くと~晴れ晴れとした気分になり、いつも何かが吹っ切れて、
すっきりするので・・・自分にとっては最高の癒し薬だと思っている。
今日又、いつもの様に唐突に、聴いていたのですが・・・
急に、死んだ弟の声が重なって聞こえた・・・確かに弟の声が・・・

そう・・・忘れもしない、9日は亡き弟の誕生日。
毎年、1月9日には、
『今日は弟の誕生日だな~』と思っている。
18歳を目前に突然交通事故で亡くなった。
いつまでも 昨日の事のようだ。。。

夏川りみさんがサンセンを弾きながら、
「涙そうそう」を唄っている・・・その姿を
じ~~~~っと眺めていたら、 
突然!ギターを弾いて唄っている弟が・・・
 
『懐かしい~~~~~~っ』
沢山の忘れていた思い出が鮮明に甦って来る。。。
弟と私はよく唄った。弟が必ずギターを弾いて・・・
それにあわせて私が歌う。2,3曲唄うと
止めて次は、決まって・・・笑い話になるのだ。

どちらとも無く、共通の、「落ちる一言」を吐くと・・・
もうそれで・・・
決壊したダムみたいに・・・
後は二人で苦しくなる程、笑い転げる!!!涙まで流して・・・
あ~~~、懐かしい!弟に会いたい。。。
急に亡くなっちゃったけど・・・だが・・・
時々・・・側に来て・・・ニコニコしている様な気が・・・する事がある。

夏川りみさんの 「涙そうそう」 を聴いて初めて、涙が止まらなくなり・・・
あの頃よく笑い合った、話を思い出して・・・一人で、泣き笑いになってしまった。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ












  
[PR]

by karkowitch | 2008-01-12 00:01 | 人間賛歌