カテゴリ:旅の話[海外の事]( 66 )

(6)旅の話・・・・・パンフォルテ




伝統的な
シエナの
パンフォルテが欲しくて
早々と購入したわけですが
あの、パンフォルテには
2種類あることがハッキリした
黒い方は確かな伝統ある
逸品ではあるが
物凄く濃いのだ!
で・・・・
パンフォルテ 
マルゲリータの方にした。
結構値段が張り、
高級品と言える。
早速 開けると・・・・
あの黒いのとは逆に
真っ白!!
やたらに美味しい!!
至福の時間でした。
シエナの丘を登って行き
町中を歩き巡り
本当に素晴らしい世界遺産に
感動しながら~~ため息ばかり
吐いていたのだ・・・・・・・・
d0035823_19204639.jpg








にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-01-25 22:55 | 旅の話[海外の事]

アッシジの聖人フランチェスコ


私はカトリック教徒と言う訳ではないが。。。
自分の心の中にはいつも
聖人フランチェスコの言葉がある
それは「平和の祈り」
先日、 
汗だくでアッシジの山を登っていき
ようやく 
聖フランチェスコ教会の中に
入る事ができた。
日曜日でしたから 
調度礼拝中で 
心に染み入る賛美歌が響いていた
急に泣きたくなった。。。
涙が溢れ辺りがボヤケた。
聖人フランチェスコの
「平和の祈り」は
マザーテレサもこの言葉を愛し
又、宮沢賢治の
「雨にも負けず」に通ずるものがある

     「平和の祈り」
主よ  
私をあなたの平和の使いとしてください
憎しみのあるところには愛を
いさかいのあるところには許しを
疑いのあるところには信頼を
絶望と暗闇には希望と光りを
悲しみには歓びをもたらす者としてください
主よ  
慰められるよりも慰めることを
理解されるよりも理解することを
愛されるより愛することを
私が求めるよう導いてください
私達は  
与えることにより与えられ
許すことにより許され
自分を滅ぼすことにより
永遠の命をいただくのですから。 
         {聖人・フランチェスコの言葉}

永遠の命というのは
光り輝く「良心」の事です。
d0035823_8562538.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-01-22 08:55 | 旅の話[海外の事]

(4)旅の話・・・・・リゾットですが~、




ローマで
めちゃくちゃ美味しい
ボルチーニ茸カマンベールチーズを
買ったので
早速 イソイソと
本格的な ボルチーニ茸の
リゾットを 作りましたが~
も~~~~!!
美味いの何の!!
やはり~、
ただのチーズよりも
ボルチーニが入っているチーズを
使った方が一層  美味いのだ。
しかも、 今回は 癖を強く出して
みたかったので 
ゴルゴンゾーラを入れて
カンボゾラとして コクを
調節してみた。
素晴らしい リゾットが
ここに 完成いたしました!。
誰にという事も無いが
アリガト~~~~~~ッ!!!。にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-01-21 13:17 | 旅の話[海外の事]

(3) 旅の話・・・・・チャオ!


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


最近はーーーこんなところを 歩き回ってました。
エズ?世界遺産の・・・・                          そうです。
d0035823_11512374.jpg

いや~~~!もしかして、コートダジュール?ニースの海岸?   そうです。









にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-01-20 11:48 | 旅の話[海外の事]

スープは愛って、言っちゃって良い?


ふた昔程前~、
スペインで 本当に旨いと
思ったのがスープだった。
それが、何のスープでも旨かった。
それからは、スープを、
食事の中の大きな一品として
捉えるように 考え方が変わった。
帰国して暫らくは、
スープばかり作って研究していた。
熱心なラーメン屋の親父と 
あまり変わらない。
うるさい事は言いたくないが、、、
スープとは、、、一口飲んだら
心まで解してくれる
ものでありたい。にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2006-04-21 17:49 | 旅の話[海外の事]

(1)旅の話・・・・・ウィーン&肉の回想 

       



           { 肉・・・・・・・の回想 }
人と産まれ出てから・・・思い出せる限りの        
食べた肉・・・・・・・の種類

にわ鳥・・・軍鶏・・・アヒル・・・うこっ鶏・・・ダチョウ
・・・すずめ・・・鴨・・・豚・・・猪・・・蛙・・・猪豚・・・
アリゲーター・・・子羊・・・馬・・・牛・・・海豚・・・蛇・・・
熊・・・狸・・・水牛・・・鳩・・・亀・・・雉・・・鯨・・・鹿・・・    
黙とう・・・
この中で 一番旨かった肉など・・・・・・・・・
言うのは 気が引けますが・・・・やっぱり・・・・・・・
掛け値無しに・・・最高なのは・・・猪!ですぜ。にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ

[#IMAGE|d0035823_90587.jpg|200608/24/23/|mid|480|640







*****      実は、1月から2月にかけて、華道家R・M、介護士M・Tらと ヨーロッパ(ドイツ、オーストリー、スイス辺り) を徘徊してまして又々 長らく 中断してしまいました。
モーツアルト記念年に因み  何とか、モーツアルト誕生月に行けた事が本当に嬉しくて、 最高でした。ヨーロッパ通の友人(カメラマン)のお薦めは、冬のウイーン。ウイーンに行くなら絶対冬!!と日頃よりテレビで言っていた、、、最高の時に行けた訳ですが、本当でした。。。全く素晴らしい!!!!街並みの重厚感と舞消える粉雪が感動的で声にならない程。不思議なくらい寒さを感じない。これは湿度が低い性。雪もさらさら舞って行き、頭や体に残らない。良いね~!{あ~~、本当に冬のウイーンって素敵だ!}と思った。寒がりやの暑がりやの私ですが、はっきり実感した事は湿気が無ければ快適!!って事です。ヨーロッパは私に向いている。      先々で起きた ハプニングや 感動は かけがえの無いものとなりました。ウイーンで、自力で初めて電車に乗って行き~モーツアルトのお墓参りが出来た事、、、その時偶然起きた色々素敵な出来事、笑えるハプニング、、、ザルツブルグの露店で丸ごと買った、巨大カマンベールチーズの美味しさに呻り、 ローテンブルクのクリスマス専門店では トビキリのカードを沢山ゲット出来たり、ウィーンのコーヒーショップでは、ウイーンで会社を経営しているオーストリー人の友人お薦めのザッハトルテ!  皆でザッハトルテ&メランジュ(ウィンナーコーヒー)を頂き~あまりの美味しさに感激・・・感動的なまでのウイーン人の紳士ぶり・・・沢山の素晴らしい思い出が出来ました。      *****

d0035823_6444268.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ











にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
[PR]

by karkowitch | 2006-03-30 11:33 | 旅の話[海外の事]