カテゴリ:旅の話[海外の事]( 66 )

(37)旅の話・・・・・メブラーナ




けさ、コンヤに向かった。
メブラーナ博物館に入るので。
本当にあった。。。
マホメットの髭が。

今夜はコンヤに泊まる。
夜になり、「セマー旋舞」を鑑賞。
これは決してショウとは言えない。
長いスカートの白装束に
長い帽子をかぶった男性が
ひたすら、くるくる旋回するのである。
薄暗くした会場で重い歌声と共に
ひたすら回り続ける・・・・・
段々、息が詰まる思いで
苦しくなった!これはどうも~、
(この踊りは多分、宗教の中の一つの修業として位置づけられているのでは・・・)
と強く感じた。

後から解ったことは、
まさにその通りだった。
知らないで見ても
そう感じる程重い。
終わってから
恥ずかしながら聞いたところ、

イスラム神秘主義教団の一つで、
メブレビー教団だそう。
ユネスコ世界遺産の
セレモニーとなっているとの事。
その晩は重苦しくて遂に
悪夢を見、自分の大声で
飛び起きてしまったのだった。




にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-06-16 09:19 | 旅の話[海外の事]

(34)旅の話・・・・・バムッカレ


            バムッカレに来ました。 
            車を停めて、
            石灰棚まで延々歩いて行く途
            ビックリする程巨大な
            アザミが咲いている。
            野球ボールくらいは有る。
            大きくてまん丸。
            驚きました。

d0035823_120334.jpg





            ねむの木が一本なっていてね、
            ビッシリと、、、
            ゴクラクチョウの様な花が
            満開なのね、、、
            桜の花みたいに。
            これ、初めて見る光景です。

            ねむの木に花が咲いたら何とかと言ったっけ~?
            といつまでも、、、考えていましたが、、、
            思い出せませんでした。

d0035823_1157576.jpg












にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ










           

           
[PR]

by karkowitch | 2007-06-15 11:40 | 旅の話[海外の事]

(28)旅の話・・・・・トルコ



ロシアより更に1時間戻します。
トルコ入りしてドライブの後、エーゲ海を船で渡りトロイに向かいます。
あの、トロイの木馬の。。。トロイの遺跡を歩いていると、とても印象的な風景がありました。そこここに点々と7000年の歴史の岩の割れ目から、真っ赤な「ケシの花」の原種が咲いている。真っ赤だ!・・・・・綺麗で綺麗で見とれていた。風がふわっと吹いてきて、真っ赤なケシの花が小刻みに揺れたその姿が、とてもいじらしかった。歩いて行くと、何でもこのトロイの遺跡にしかないという、「タマリスクの木」があった。サスガに神話的な(笑)その葉っぱを、3枚手帳に忍ばせた。こんなささやかな事が、自分にとっては最高にワクワクするのだ。嬉しくて堪らない。

ここトロイに来る時のエーゲ海クルーズは途轍もなく気持ち良かった!
遺跡や歴史をガイドしてくれる、35,6のアフメット氏(彼は非常に優秀で、性格も素晴らしい!)が、デッキの向こうで手招きするので行ってみたら、カレが乗船する直前に屋台で買ったという「焼きピスタッチオ」の袋を指差して、ニコニコしながら流暢な日本語で「どうぞ食べて良いよ~」と言うので、しばし二人でカリカリとやっていたのだ。日頃、焼きピスタッチオに目が無いのだそうで~、、、アフメット氏はチャイを飲みながら「美味しいね~!」と笑う。エーゲ海はキラキラと輝いて目茶苦茶、爽やかでした。


d0035823_10501852.jpg
  
              (ケシの花の原種)


d0035823_10504066.jpg

             (神話的なタマリスクの葉っぱ)


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-06-14 10:51 | 旅の話[海外の事]

(24)旅の話・・・・・明日~

いよいよ明日から嬉しい嬉しいトルコで~す!
海外に出発する前に、いつも必ず用意する
食べ物はなんでしょう~?
はい、納豆とあけぼの(に、限定)の煎餅です。
あけぼのの煎餅でも都内でたった一箇所しかない、
「ピリ辛割れ拳骨」
これを持って行きたいが今回は手に入らなかった。
これは梅が丘支店で月一度だけ焼くんで
のろのろ行ってたら有る訳無い物なんだけど激ウマ。
ただの割れ拳骨にします。
あけぼのの納豆巻き煎餅もなかなかです(酒呑みにピッタリ)
機会があったら是非お買い上げくださいね。
昔、エジプトに行った時、王家の谷で
現地在住の日本人ガイドさんに
この、あけぼの煎餅の鉄火巻き一個を上げたら、
本当に!泣いて!喜んでくれましたっけ。。。(笑)
トルコは今!ベストシーズンです。
実は、先日まで延々、熱で寝込んでいたから
逆にパワーを温存できた感がある。
ありがとう!しばらくトルッキーに馴染んでまいりま~す。
イスタンブール~♪♪♪~
カッパドギア~♪♪
バムッカレ~、
ヒエラポリス~、
トロイ~、
コンヤ~、
エフェソス~、その他色々♪♪♪♪♪~・・・・・ロシアにも行くよー・・・・・にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へにほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-06-01 14:04 | 旅の話[海外の事]

(23)旅の話・・・・・トルコ





来月早々トルコに行きます。
ベストシーズンの今、今を逃せません。
絨毯の売り込みが凄いらしいので
一本買って来ようか・・・(真っ赤な嘘)
世界一高級な絨毯です・・・とても買えませ~ん!
買えない分、せいぜい目を肥やしてきます。
冗談はともかく、谷中の椿姫と二人で
トルコの温泉に入りに行くのだ。
又、世界遺産の宝庫ですから~ワクワクします。にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へにほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-05-20 17:22 | 旅の話[海外の事]

(22)旅の話・・・・・ヨーロッパ人の超穴場に、思った。





       昔、調度今頃だったか~・・・うたい文句が・・・・・・・・
       「地球最後の楽園」、
       「ヨーロッパ人の穴場」、
       「世界一美しい海」、・・・・
       こんな感じのうたい文句がバ~ンと目に留まった。
       『セブ島?』これはどこだ~?と、思った。
       と言うほど、まだ全然、日本には馴染みが無い島でした。
       しかし、ヨーロッパ人のリゾート、穴場だという。
       世界一美しいといううたい文句に、凄いよこれは!と、思った。
       ツアーは一人から催行というのも気に入った。
       早速(行ってみよう!)と、思った。

       現地の係りが待つ現地に着いて(笑)はっきりした事は
       参加者全部で6名。。。だったような。。。
       コッチは3名、1カップル(ひっそりした中年?系?)、独り参加
       (少ないし、良い感じじャな~~~~い!!)と、思った。
       
       宿の敷地内に入ったら、
       あまり~日本ではお見かけしないタイプの
       サルがお出迎えしてくれたんですぅぅぅ・・・
       猿は、一気に私の頭に上り、
       頭の上で嬉々と暴れまわり、『hi,hi,hiya~!』と、思った。
       それから私共、小洒落たコテージに案内されヤレヤレと、思った。

       セブ島は!!素晴らしかったホント!!・・・・・ 
       翌日からは、島から更に無人島に小舟で出かけて行ったり、
       一日中素潜りや、バーベキューやらで・・・楽園楽園!!
       ここで、一番忘れられない事を記して置きたいと、思った。

       少数民族の我らは、
       それから更に、現地の若者に
       海のど真ん中に連れて行かれたのだよ。。。。。
       何でも、その辺りは人食いシャークが! 
       ウヨウヨいる海だそうで~
       小舟がプカプカ心許無いったらありゃしないよ・・・
       な~んと、そこで急に男がイカリを降ろした。
       ドーユー事、ドーユー事(あたふた×100)
       男が張り切って真っ白な歯を輝かせ笑いながら
       『さー!!泳げ、好きなだけ海に潜って遊べ!』だって・・・・・
       (そーいうジェスチャー)
       ヒッ!!!、冗談じゃな~~~~~い!!!!!!!
       しかし、男が更に大声で、まくし立てる。
       『ここは安心だってんだろっ!、シャークは大丈夫っつーのっ!』
       (そーいうジェスチャー)
       『ここいらだけ浅いあるから、鮫人見ても、ここ鮫来れないあるよ~』
       えっ、じゃあ、、、インディアン嘘つかな~い!ってか?と、思った。
       そうなの~?そうなの~?・・・・んじゃ、早速・・・
       (切り替えが早い私)
       何でも半径ンメートルの円形状に
       人が立てる位に浅くなってるそうで・・・
       その外周はすり鉢状に深~~~~~~~~いっ。(ヒ~~~ッ!)
       (今思えばもっと、ヒ~~~~~~~~~~~ッ!!!!!!!)
       でもね、こんなチャンスは中々有り得ないと、思った。

       泳いだよ、クタクタになるまで。。。楽しいったら無かった。

       本当に超穴場だと、思った。

       ハワイやタヒチやグアム、バリとかは日本人誰でも知ってるが、
       セブ島その頃は全然日本ではメジャーではなかったので
       そこどこ?って言われるくらいでしたが、いや~・・・
       来て見るもんだ、、、やったね!と、思った。
       コテージも広々快適快適、バルコニーの前がもう海になってた。
       とても愉快なセブ島体験でした。
       あー出来たら毎年でも来たいと、思った。にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ



           こ~んな雲が浮かんでた~!ハ~ト。





d0035823_11155692.jpg

           ここがピンポイント





にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-05-18 10:00 | 旅の話[海外の事]

(21)旅の話・・・・・アルハンブラ


d0035823_19153842.jpg
昔ーとに角、行きたくて行きたくて堪らなかったスペインに行った時、
私は舞い上がるというよりも。。。どっぷり浸っていた。。。。。
その頃、奥沢での日々は・・・非常に忙しく、時間に追われ、アッと言う間に夜が来て~
アッと言う間に朝が始まる・・・息つく暇もなし・・・
友達なんかと会う暇も時間も無かったし、思いもしなかった。
近隣の人とお茶すら飲むことも無かったくらいで・・・
そして、私は酒も飲めない。
忙しく、ある意味~孤独のど真ん中。。。10年間以上も、そんな感じでした。
しかし、ネガティブ思考も無かった。。。筈

そんな私、ある時急に、プツンと糸が切れたような瞬間を自分に感じた・・・・・
突然!!『そうだ!スペインへ行こう!』(笑)・・・・・と思ったのですね~。
独りで行った。

向こうに着いて、行く先々での、湧き上がる不思議な、心地よい感覚に、
自らを研ぎ澄ませ、、、自身を研磨していったのです。

地中海側の海辺の家並みを、一人でクタクタになる程~歩き回りました。
温かい人々に触れ、屈託の無い子供達の中に紛れ、優しい地元の方々に入り、、、
どの家にもパティオがあって、静かで、暖かい陽が射して、花が程よく咲き、、、
当時大切にしていたミノルタ一眼レフカメラで、感嘆しながら撮りまくった。
私以前は・・・篠山紀信・フォトクラブに拘っていましたもので・・・

マラガの人達、レンズを向ければ絶対笑顔で応えてくれる、
老いも若きも、朗らかな声を掛けてくれる、
子供達は集まって来る、笑い声が私を取り巻く・・・
自分がとても、馴染んで、大らかで、喜んでいた事を、思い出します。
ジブラルタル海峡からアフリカ大陸を見たな~~。

あの時~アルハンブラ宮殿のパティオに入り、ジッと佇んで・・・・・
シ~~~ンとした中の、かすかな噴水の水音に聞き耳を立てながら~、、、
あ~~、今、自分は・・・・・ずうーーーーっと、ずうーーーーーっと、憧れていた、
このアルハンブラのパティオにいる!やってきたのだなあ~・・・・・
あの大好きな名曲=『アルハンブラの想い出』を心の中で奏でていたら。。。
ただただ・・・胸がいっぱいで、ギュッと痛くなったっけ。。。
スペインを旅しながら私は、色々な事を深く考え、受け止め、感じていた。

嬉しい事、楽しい事、気分良い事、感動は、他人に還元していくべきもの。

悲しい事、辛い事、苦しい事は時間が消化してくれるもの。。。なんだと。


憧れのスペインは、堪らなく自分の波長にピタリと嵌まったのでした。
本当に、懐かしいです。

d0035823_22551512.jpg

d0035823_2341522.jpg







にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-05-09 17:40 | 旅の話[海外の事]

(20)旅の話・・・・・椎名誠





先日、中国人の友達の案内で周蘇や蘇州あたりの水郷と文化の都に興奮していたのですが、日本に帰り、暫らくして、フト、
お・と・も・だ・ち(笑)作家=椎名誠の{中国の鳥人}を思い出していた。
本を読んで感動し、映画化にはどんな描写かドキドキ、ワクワク、そしてなぜか~少々不安・・・
しかし、さすが誠ちゃん!映画もかなり面白かった。その時は一人で、何か沸々とした気分で心が満タンになってた。うろ覚えだが、、、確か椎名さん、奥地も奥地のその鳥人村に実際に尋ねて行ったんだったよね~、誠ちゃんは凄いよ!私はその番組見逃さなかった。 正に中国は奥が深い、超人的なところだという印象が鮮明でしたが、今回の数日の中国行きで、本当に、そんな中国の奥の深さが、入り口から垣間見れて あ~~~、椎名さんが中国好きな気持ち解る、活気と、懐古性と、旨いラーメンと、超人的鳥人の村があったり、中国って中々面白いな~。。。などと激しく思っております。にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
[PR]

by karkowitch | 2007-05-02 17:14 | 旅の話[海外の事]

(19)旅の話・・・・・人力車







周荘にて、人力車に乗ろうという事になり我が素晴らしきガイドの出番。
自転車男VSガイドの 丁々発止のやり取りにこっちの血が沸々・・・・騒いできた~!!(いいぞいいぞコレだよコレッ)いや~~~~、素晴らしい!このやり取り!絶対負けない姿勢が如何にも『中国ここに在り!』だ。この『メイヨッ!・・・メイヨッ!』の連発についに!自転車男が折れ&3分の1近くにまでマケタ!!
             。。。。。。ガイドに後光が射す。。。。。にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ




d0035823_18312494.jpg
 









にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-04-26 18:31 | 旅の話[海外の事]

創作料理家の話・その⑱・・・・三不粘




大分、以前私は、宮廷料理=満漢全席の中のデザートで
幻になりつつある料理=「三不粘」をあげましたが、
中国料理繋がりで ここで今一度あげたいと思います。
「さんぷーちゃん」と言います。
料理人泣かせのこの逸品はもう、最近では
完璧に再現し作れる料理人は居なくなってるそうです。
北京の山東料理店=『同和居』で、かろうじて、残っている。
東京都内では
宮廷時代と全く同じ様に、これを作れる店&料理人は『無い』



d0035823_1328886.jpg
 
北京・三東料理店=同和居の三不粘(三不粘は西太后がやみつきだったそうです。)







にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へにほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
[PR]

by karkowitch | 2007-04-26 13:28 | 旅の話[海外の事]