カテゴリ:自作、自詠詩と一句( 70 )

恋する・恋する・恋しい・・・




ワタクシ
以前、東京書作展に以下の様な自詠作品を出展した事がございました。




    < 幻の青の微笑み >

世界で最も美しい花を知っていますか

花に優劣などつけるつもりは毛頭ありませんが

青い花に限っては本当に本当に素晴らしい

幻の花があるのです   

絹糸を束ねでもしたように繊細でつややかなその花は

芽が出てから咲くまでに何年も何年もかかります

開く前のつぼみは固い刺のような剛毛に覆われて

標高五千メートルの空気の薄い過酷な場所で

ひっそりと咲く時を待ちます

モンスーン季のわずかな晴れ間の早朝

霧のカーテンに虹が立った時

荒涼とした高山の強風が吹きつける中で

        凛として

固いつぼみから顔を出し始める妖精

目が覚めるような深い空の青を持つその花は

     ヒマラヤのブルーポピー


書道家 : 星雨(雅号)ありがたくも優秀賞を戴きました。




このブルーポピー、わたくしが一生をかけて恋焦がれている花でございます。
いつも、ワタクシの頭の片隅に鎮座ましましているのでございます。。。。。
この目で見るなんて事は、99,999999%夢の又夢で、夢夢幻の花。

仮に、ワタクシが幾許も無い予命を賭けてヒマラヤに登ったとして、、、
いえ、、、、登れたとしても、果たせるかな、、、かの妖精がそのご尊顔を
拝ませてくれるかという事はありえないくらい有り得ない。。。。

そんな凄い花をワタクシは見てしまったのです!いともタヤスク。。。
有り得ない話ですが本当です。

このブログを、たまたま見た人は世界一(トニカク)です!。
  
上野の科学博物館へ行ってみてください。

我も々、競歩&速歩駆け足で入館してください。

女性の方は特権として~、 
前の人をネイルアートの長い爪でひっ掻き分け、  
甲高い裏声罵声を浴びせかけ、 
怯んだ一瞬の隙を逃さず!すり抜け、
文句言うヤカラは、ピンヒールで蹴りまくり、 
一人でも多く抜きん出るのだ! 
込んでるから、そ~やって進むしか他に方法は無いです・・・ムムム・・・・?
ただし 
(悪がき、仮病人、特に=超悪オヤジ及び、チョイ悪親父は真似しないように・・・)
オネエマンズ・・・・・もよ!!!
早く早くーーーーーーーーーっ!

昨日、銀座で、例の千葉マルチ先生も参加したVIP祝賀会から、次なる上野の博物館に移動した。 
そして私共は冗談抜き   
まさかまさかの...........一輪のその花の下で...............
  心臓爆発カウントダウン状態!
(因みに爆発時の威力=1000メガトン級と想定できます)


同行した一流の諸先生方も「感動の塊」のまま~~退館し。。。
目の前の。。。
屋台の。。。
石焼き芋(年間通して滅多に食べない)を、気が付いたらホクホクと。。。立ち食いしたので。。。ございます。。。どういう心境の変化か!??ムム無



   
d0035823_1612199.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-03-26 11:07 | 自作、自詠詩と一句

春一番のその声は?





毎年  
かなり早い時季 (お正月辺り)に 
鶯の声を聞くのですが、

今年は なぜか(世界3大摩訶不思議に匹敵)←(応募した方が良い?)
今日、 三月二日に
初めて 鳴いた 「ホ~ホケキョ~

この 鶯が
キッチリ鳴けるように成るまでの
経過 調査報告を いたします。
















        (何やってんだ、早くしろ!)
        
                        『ザーーーーーーーッッ!!バタン』 ←トイレ?チッ!




暖冬だというのに
今年は何で又 三月に成ってから??
という疑問を抱えての
調査でございます。

最初は  「ホ~~~・・・・・・」
暫らくして  「ホ~~・ホケ・・・・・・」
あっ!!  鶯が鳴いた!!
と思い 聞き耳を立てる

鶯も 発生練習を するんですね~、
ホ~~・ホッケ!」
ホ~~・ヶキキョ~
「ホ~~・ホヶッ!!」
オイラは 気に成って気に成って
更に 聞き耳を立てる!!(ピリピリ)
鶯公、しっかり 声出せ!!(きちんとな!)
「ホ~~~~~、キョッキョッ
ナンだそれ?貴様ーー!はっきりしろ~~!
キョキョキョ・・・・・

分かったから 早くして~~!!(ナヨナヨ~ブツブツ・・・)

ホーーーーーッ」。。。。。。。。
    『 ザ~ケンナ~!!』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     もーケッコウ、こっちから
     お断りします。    


そして  かなりの沈黙の後、
サクッと 一声    「ホ~・ホケキョッ!」
ありがとう~ や~~っと、スッキリしました。


しかし その後・・・・
なんでホーホケキョでなきゃいけんの~?と
も~~やもや~       (頭が春っぽい)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
[PR]

by karkowitch | 2007-03-02 21:37 | 自作、自詠詩と一句

エスキモー文化の・ハートにピタリ来る話

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


自らの生命は、かけがえのないもの

これは大前提であるが

忘れてはならないもの

それは
  
たとえどんな事になろうと

常に・・・ユーモアをもって 
 
     心豊かに

それに対応して行く事の方なのである。



     ここで   
イグルーク・エスキモーに残されている
格言をどうぞ。

「 遊びを知る者は、如何なる障害をも飛び越える 」
「 唄う事と笑う事を知る者は、如何なる困難にも挫けない 」
   
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 22:21 | 自作、自詠詩と一句

 いざない 








身が切れるほど
深々と
冷気が辺りを凍て付かせる深夜

私は ひっそりと
窓を開け 空を見上げる

冬の星座は 格別です
キラ星から
たくさんの 妖精が
舞い降りてきて
冷たい鼻先を擽る

あたりは 一層冴え冴えとして
本当に 心地よい

いつもこんな冬の夜中に
こんなに美しい諸星が
私をいざなう

楽しい気分
今夜もまた

私は ひそやかに
夜中に窓を開け
星を  見る

神聖な 儀式  にも似て。。。









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 16:36 | 自作、自詠詩と一句

人は・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ






だれでも・・・どんな場合でも・・・自分の気持ち一つで・・・局面を・・・ガラリと変えられる。
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 16:16 | 自作、自詠詩と一句

魂は何処から何処に?

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


{ 随分以前から 書きとめておいた自分ノート・・から  抜粋してます。 } 




魂のレベルというのがありまして、それは 
宗教、人種、国籍、貧富、名声、、、等の別に全く関係なく存在し、   
人が生を授かった瞬間に、その新しい生に魂も入り込み 
肉体と共にその魂が、あらゆる気付きにより、少しずつレベルアップしてゆきます。
ですから、10人10色というのは深い意味で人の魂の事。
例えば・・・・・  
人が亡くなる時、その人が最後の最後まで何かに対して執着しているものがあるならば、 
その「念」が新しい人体により又少しずつ「達成に向けて」実行されてゆくのです。    
しかし、その中身が問題で・・・・・・ 
好ましく無いものや、或は素晴らしいものもあり・・・・・・それこそ、10人10色なのです。
好ましくないものとは?  
言うまでもありませんが、いわゆる「良心」から,かけ離れている事がらです。   
そういったことがらに対しては「良心に基づいた気付き」があるまで繰り返し体験させられます。そうして、確実に言える事は・・・・・・・ 
人の魂はそうやって、その魂が希望する人の体を通して、  
進度やレベルこそ違え「良心に向かって進化」していくという事です。

神様(宇宙)が人に課した仕事がそれなのです。つまり・・・・・・・
人は皆、自分の魂を高めよという事に尽きます。
では、行き着く処は何処なのか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良心と愛は同一です。

そこの処に本当に気付いて、日々行動しなさいという事。

良心とは神がどんな人にも平等に与えた光り輝く魂なのですから。

この意味は・・・・・・・・どんな人も、絶対に自分をも裏切れない魂ということ。

つまり真実の魂がそこにあるわけです。
 
真実が良心であり人間全てに与えられた内なる神。

人はそれに気付きなさい、近づく努力をしなさい・・・・・・・・・・・・・・・・・という事です。 






 
 
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 16:11 | 自作、自詠詩と一句

一句




切なくも
秘かに立ちし
ひめゆりの
塔なり こうべ
うなだれて 見ゆ


(これは、思春期の弟が ひめゆりの塔で 心から合掌し平和を願ったという気持ちを本人から聞いていた私が 後年、 現地で 弟の言葉を思い出し 切なくて見上げる事が出来なかった。その時の一句です。)


今は亡き
君が尋ねし 
ひめゆりの
碑 いとし
我と 唄わむ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 15:36 | 自作、自詠詩と一句

一句




早春を
そぞろ歩けば
かたわらに
雅やかなる
河津桜よ
d0035823_1191531.gif







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 15:27 | 自作、自詠詩と一句

安堵 








夜祭りの歌や
人々の さんざめきの残響から
遠のきながら 
闇に留まりて 
我が 無窮のロマンを仰ぐ
燦然にして 確なるあなたを
今宵はなぜか
刹那的に幾度も見上げては
・・・・・・・・・・・・幾許も無く
フッと 
安堵の ため息を つく









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 15:14 | 自作、自詠詩と一句

遥かなる宇宙 










春の星空は希望の輝き 
チラチラと 心の光り 
楽しききらめき


夏の夜の海は 星の雨  
体いっぱいに仰ぎ見て ハッとする  
そのやさしさに  その清々しさに  
そして限りなく 懐かしい 懐かしい


秋の夜空は 星々が 
声高らかに 合唱している    
その素晴らしさよ    
ほら・・・天使の歌声が 
透き通って 広がってゆく


冬の星座は 凛々と冴え冴えと   
体いっぱいに熱きものが こみ上げてくる 
ああ・・・・・・・ああ    
遥かなる星よ   私の宇宙よ 






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 15:08 | 自作、自詠詩と一句