書道家としてのケジメは如何に?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村




一応

書道家ですから

たまには

作品も掲載してみたいと

思います。


これは蘭亭の序・・・全臨です。

d0035823_145444.jpg


ちと小さかったか・・・笑


出だしだけでもをアップしてみる・・・

d0035823_1417518.jpg


こんな感じですけれどね・・・


私の得意とするのは『現代漢字カナ』なんですよ~

まあ・・・自作自詠をなるべく作品にしていますけれども

こんな感じです

d0035823_1420518.jpg




新年の書初めは習いに来た小学生用に
半紙に『お正月』でしたが、普段は半紙には滅多に書きません

殆どが・・・・全紙1,5のサイズです。
全紙1,5とは
縦205cm×横70cmです
ですから、かなり大きいです
書道家はこの紙の上を・・・
前かがみに呼吸を調整しながら・・・
足で紙の皺などを伸ばたり(笑)しながら
歩き、書き進めて行く訳です。
遵って、イスに座って・・・というスタイルはこのサイズの紙の場合は
無いです。

書道というものは 精神が無の状態で書くので書いてる途中で
電話に出たり・・・
トイレに行ったり・・・
お茶飲んだり・・・
テレビ見ながら・・・
会話しながら・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・という事は有り得ないし、言語道断。
少なくとも・・・作品と対峙している時は。

この大きな紙に向かって、一端書き始めたら・・・
もう後へは引けない
最後の最後の落款まで一息で書いて行かなければ駄目である。
書いてる途中で・・・思い出したからちょいと出かけたり、
お腹が空いたからと食事したりしてたら、もうその作品は没
そんなところが絵画系統と違うところであって大変です。

要するに・・・
筆色や力加減やらの微妙な違いが出てしまうからです。
途中で・・・
あ~、失敗か!と自分では思っても最後まで書き進めるのが
書道としてはベストです。
最初から勝負を賭けて書きますから、
決して練習用の紙などは使いません。
出品用ので書くのがプロのやり方ですからおいそれとは
くしゃくしゃ丸める訳には行かない   (((笑

しかし、これが・・・
面白い事に、駄目だと思った作品が案外味があったり
失敗でなかったりする事があるのですね~  (((笑








 






今日も最後までお付き合い下さり心より感謝もうしあげます。(涙)
どうか懲りずに又お出でください。 (((笑
<↓↓↓あらら~???  スルー?<( ☉_☉)>スペイシー悲しス>
{尚、内容に無関係なコメントは 喜んで!↓↓↓}
[PR]

by karkowitch | 2009-01-25 14:05 | 書道の部屋