昔取った杵柄・・・パパンパパンパンパンあ、ビバビバ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

まあ、生きているのだから・・・毎日料理は作っているのだけれど・・・今回は
最近作った 『ハロウィン用試作品』 を載せたいと思います。


例年ならカボチャでパイ、プリン、スコーン、辺りに収まるのですが・・・
今年はただのパンを作ってみようと・・・
しか~し、欧州風のパンに絶対!拘りますから、、、意地でも。つまり・・・
日本人好みのよくある「モッチリ、ふわふわ、甘みがあるパン」の逆の
欧州型本格的パンを作るという課題を持って。
勘違いしている人、結構多い。美味しいパン=モチモチふわふわだと。チョット幼稚ね!(爆~)
絶対違います。体験的に欧州&トルコのパンは素晴らしく美味しいですから。
だってね・・・いつも、ヨーロッパやトルコに行ってる時、食事で唸ってしまう一つに、
いつでもヤッパリ旨いパン』があります。
あちらはパンが主食、副食とのバランスから、パンの生地はサラッとしてなきゃ続かない訳で・・・本当にパンが美味しいです。特に、トルコのパンは最高。キメが細かくて、、、
サラッと切れ味が良くて、口どけ良くて、皮の歯ごたえがあって、何て言うのかな~~~、、、
さすがに『メインディッシュに合うパン』という感が強い。ですから実際数年前から、私の意識中では『モッチリ、ふわふわなパン(所謂、菓子パン生地系)』は×××となっているのだ。やはり小麦粉からして違うのは仕方ないが、自分が作るパンは何とか!
フワフワ、モッチリから脱却』 したい。洗練されたハイクオリティーなパンを作る。 今回はその課題をひっ提げてのパン作りだ。
サラッ!』これが大事な事。

そして・・・・・・・・・・・・・・・・・出来上がりました。最高です。口溶け=サラッと、千切ると=ピロピロピロと生地が離れて行く感じ!コレです!!!!!!!!これなんですよォ~~~ッ!!!号泣

d0035823_1091545.jpg

ハロウィンパンプキンパン・・・・・・・・・・中はキレイな黄金色。ラム酒漬けしておいたレーズンがシコタマ入っている。このパンは隣の小さなハロウィンカボチャとソックリでしょう?折角戴いたので、親子みたいに作ってみた。

手前の、楕円形の大フォカッチャパン・・・・・・・・・・・カンボゾラを練りこんでスペイン産オーガニック小麦粉で焼きました。戴く時には、千切りながら・・・岩塩降りかけたオリーブオイルにチョット漬けてから戴くのが理想。グワシグワシと噛めば噛む程旨いパンでガンス。
<最近はみんな・・・物を噛まなくなったでしょう!硬いものを噛まなきゃ駄目ョッ!>




そしてね・・・・・・・・・・おつまみの一つはこれ。
d0035823_10295611.jpg

スペインのハモン・セラーノに山葵を塗って蓮根で挿んで揚げたもの。
因みに・・・この
スペイン=ハモン・セラーノ、
中国=金華豚、
イタリア=プロシュット
これらが世界3大最高品種ハム。
この蓮サンドも、サクッとした食感と、噛めば噛む程ジューシーな塩味が出てくる味のキング生ハムなので、ソースなどは一切要らないです。


そしてね・・・・・・・・・・スウィーツはこれ。
d0035823_10351866.jpg

何?これーーー!!と思った?(笑)  
りんご丸焼き・・・・・・・・・・芯をくり抜いて中に、まかいの牧場バター、シナモン、蜜柑の蜂蜜を入れて焼き、更に・・・ブランデーを描けて燃やした直後の状態よ!ジブジブ言ってるなー。爆~









以上で寝ます。(熱が酷くなって来たので、悪しからず・・・)いらした方はジックリ眺めて、ほんでもって、↓↓のコメコメクラブにご意見、ご感想を必ず置いていってくださいね!その内に必ず訪ねて参りますケンネ。
最後までお付き合い頂きまして、本当に嬉しく思います。有難う、感謝です。(涙) 
[PR]

by karkowitch | 2008-10-24 10:27 | 創作料理の味