☆☆☆耳に残るは君の歌声☆☆☆


お薦めの映画紹介です

以前WOWOWで何気なく途中から観始めた映画
これが以後ずっと心の中で引っ掛ってもやもやしていた。
最初からシッカリ観たくなって
遂に、ツタヤで借りてきた。

題名=耳に残るは君の歌声凄い!
冒頭からオペラのアリア
これがジョルジュ・ビゼー作曲のオペラ
真珠採り』第一幕で有名なアリアです。

(私にはおなじみの曲・・・中学生時代に、タンゴで良く聴いていたもので)

あらゆる人間のディープな問題をある角度から提起したこの映画は先ず・・・
家が無くて集団で星空の下、他人も皆家族として生きているジプシー役のフェザー=ジョニー・ディップ。
ユダヤ人を隠してイギリス国籍を持つスージー=ケイト・ブランシェット。このスージーは幼少時はフィゲレという名。
この二人がほぼ主役として話は展開するのだが・・・

いやーーー、もう、泣けて泣けて。。。
全体的にセリフが非常に少なくて、映像と音楽、歌で展開されていく。
美しく、又葛藤や切なさが織り交ざって何とも素敵で秀逸な作品です

最後の最後のシーンだけ、一言、述べさせて欲しい。
溜まらないですね。。。
苦労の果てにやっとめぐり合えた父親の前で零れ落ちる大粒の真珠の様な涙・・・
父はハッとして、一言『フィゲレ』と娘の名を呼ぶ。
フィゲレの口から出たものは・・・
言葉ではありませんでした。
幼少時に父が歌ってくれていた、その歌だった。

この映画は
異国の地で懸命に生き延びる人々の人間模様を描いた素晴らしい映画だった。
シッカリ観て良かった。ジョニー・ディップの素晴らしさにも感動でした。

d0035823_182872.jpg
                        この娘がフィゲレ

d0035823_1821881.jpg


今日も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。大変嬉しく思います。どうぞ又お出でくださいね! 感謝(涙)        <↓↓↓コメコメクラブにご意見等一言だけでも置いて行ってね。>
[PR]

by karkowitch | 2008-10-10 18:30 | 映画の話