宮沢賢治・・・銀河鉄道の夜より






                ああ   その大きな海はパシフィックというのではなかったろうか
                その氷山の流れる北の果ての海で
                小さな船に乗って
                風や凍りつく潮水や  厳しい寒さと戦って
                誰かが一生懸命 働いている

                僕は その人に 本当に気の毒で 
                そして すまないような気がする

                僕はその人の 幸い の為に
                一体どうしたら いいのだろう
                何が幸せか 解らないのです

                『 本当に どんな辛い事でも それが 正しい道を進む中での
                出来事なら   峠の上り下りもみんな  本当の幸せに近づく
                一足づつですから 』 (燈台守が慰めていました)
           
                ああ   そうです
                ただいちばんの幸いに至るために
                色々の悲しみもみんな   おぼしめしです

                青年が 祈るように そう答えました






**上野=東京都美術館で毎年開催される『選抜作家展』に以前出品した作品でした**






d0035823_1942939.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by karkowitch | 2008-02-23 11:50 | 自作、自詠詩と一句