創作料理家の話・その48・・・夏川りみの涙そうそう




夏川りみさん限定の 『涙そうそう』を、タマに聴きたくなる。
彼女の艶やかで良く伸びる、張りある歌声の中に浸っていたくなるのです。
見るからに真面目で又、一生懸命唄う姿が爽やかで、
聴くと~晴れ晴れとした気分になり、いつも何かが吹っ切れて、
すっきりするので・・・自分にとっては最高の癒し薬だと思っている。
今日又、いつもの様に唐突に、聴いていたのですが・・・
急に、死んだ弟の声が重なって聞こえた・・・確かに弟の声が・・・

そう・・・忘れもしない、9日は亡き弟の誕生日。
毎年、1月9日には、
『今日は弟の誕生日だな~』と思っている。
18歳を目前に突然交通事故で亡くなった。
いつまでも 昨日の事のようだ。。。

夏川りみさんがサンセンを弾きながら、
「涙そうそう」を唄っている・・・その姿を
じ~~~~っと眺めていたら、 
突然!ギターを弾いて唄っている弟が・・・
 
『懐かしい~~~~~~っ』
沢山の忘れていた思い出が鮮明に甦って来る。。。
弟と私はよく唄った。弟が必ずギターを弾いて・・・
それにあわせて私が歌う。2,3曲唄うと
止めて次は、決まって・・・笑い話になるのだ。

どちらとも無く、共通の、「落ちる一言」を吐くと・・・
もうそれで・・・
決壊したダムみたいに・・・
後は二人で苦しくなる程、笑い転げる!!!涙まで流して・・・
あ~~~、懐かしい!弟に会いたい。。。
急に亡くなっちゃったけど・・・だが・・・
時々・・・側に来て・・・ニコニコしている様な気が・・・する事がある。

夏川りみさんの 「涙そうそう」 を聴いて初めて、涙が止まらなくなり・・・
あの頃よく笑い合った、話を思い出して・・・一人で、泣き笑いになってしまった。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ












  
[PR]

by karkowitch | 2008-01-12 00:01 | 人間賛歌