(50)旅の話・・・・・記憶





d0035823_10382210.jpg



子供の頃から、「マッターホルン」というフレーズは我が家におなじみでした。  昔・・・部屋の一角にマッターホルンという名の石が、生け花の横にいつも置かれていたからだ。その名は父がつけた。 私はてっきりどこかから拾って来た石だとつい最近まで勝手に思いこんでいたが~最近、母と話をしている時、ヒョンな事からその石の話になり・・・な~んと、父が高いお金を払って買って来た石だったと初めて知った。那智黒の・・・まさにマッターホルンの形をしていた。

「あれっ?、あのマッターホルンが無いけど何で?」

母:「あれね~、大事にしてたけど割れちゃったのー。。。」

「えー、何で?」

母:「お客さんが来た時に落としちゃってね」

「えー、危ない、怪我しなかったの?」

母:「怪我しなかったけど、その時にあれが割れちゃったの」

「本当?残念、家の象徴的な置物だったのにね~、でもよくあんな良い石拾って来たよね~!」

母:「(笑いながら)あれは買ってきたの」

「えっ!!!!!!そうだったの?」

とまあー、こんな感じで真相とは、随分後から判明するものであると知ったのだった(笑)。   私がマッターホルンを見に行くという事は母に言ってなかったが、帰ってから話したらきっと、ビックリするだろうな~。既に、急逝した父は良く 「マッターホルン」 という言葉を口にしたものだが。。。あの山が好きだったのだろうか。。。 子供の頃、ある日父が地球儀を買ってきてからは、皆でそれを囲んで世界の色々な話をしたものだった。勿論マッターホルンの場所もいち早く探した、そんな思い出が詰まったマッターホルン。

ツェルマットに降りたった。ワクワクです。何だか足がフワフワだよ(嬉しくて) ここまでの電車の車窓から、既に雪で真っ白な峰峰に驚嘆しながらの到着。やはり、以前タップリ堪能したカナダの時と同様、肌が引き締まる様で大変気持ちが良いし、空気が!空気が!美味しい~~~~~~っ!嬉しい~~~~~~っ!

『来たよー』一人で呟いていた。

初めて生で見るマッターホルンは素晴らしかった。神々しいその姿に感動し震えが来た。

『ヤッターーーーーーーーーーッ!』 父ちゃん見てるか~~~?・・・・・・って感じでした。 

d0035823_11351925.jpg


凍傷で手足が無くなる決死の覚悟で!!!・・・・・・・ザイルやらピッケル、テントにシュラフ、ロープ、登山ナイフ、ヘッドランプそして、遭難時用食料などを担いで登る・・・・・・・・・なんてとんでもないッス!麓で鼻歌歌いながら見上げるのみで大満足ザンス----------♪♪♪。(何スカ?)にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へにほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ




                     
[PR]

by karkowitch | 2007-11-22 11:20 | 旅の話[海外の事]