お出掛け倶楽部・38・・・山田長政

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


今を遡る事350年以上前、
タイ国に渡り 教育や文化、奉仕などに
尽力を尽くし・・・やがてはタイ国民皆に
愛され、慕われ、尊敬され・・・
王様となった日本人がいます。


その名は  山田長政。
彼は、徳川家康の城下、
駿河大名の籠担きから、遠く離れた
シャムの地へ渡った。
やがて、
タイ一の王国=六昆(リゴール)王にまでなった。
外国人で王になるのは
本当に「凄い事」としか云いようが無い。
その、山田長政祭りを
日曜日からやるというので
出かけてみました。
参道にタイ中心の出店が並んでいて、
随分楽しい!
歩きながら、
どこかで見た風景だな~~~。。。と
考えていたら 「アッ!!!」と思い出した。
昔、数年間毎年楽しんでいた=麻布十番祭りに
良く似ていたのだ。
タイ人がメインの外国人が溢れていて、
まるで海外のどこかを歩いていると錯覚しそうだ。


そんな昔に、
タイ人に貢献した日本人がいて
異国の王様にまでなった日本人が居たとは
それだけでも 普通に、仰天ビックリです。
あ~~そうだったのか~、
それでタイ国は日本に対し友好的なのだと
知りました。


平和的な話は気持ちが癒され、良いものですね。

 
記念に、
黒とキャメル系ツートンカラーの
上等なタイシルクのクッションカバー2枚を買った。


先月より、母が
腸閉塞で緊急入院してから永い間、
家にはとんぼ返りの形で
静岡市の病院につめている日々が続いてる中、
色々なトラブルや、危機が次々発生し
気が安めませんが。。。

こんな素敵な事に触れられて一時楽しめました。にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by karkowitch | 2007-10-09 09:46 | お出掛け倶楽部[国内の事]