駿河の鰹・皮付き刺身

にほんブログ村 料理ブログへ





ココの所の流れからして、上げたいものがある。
静岡名物=鰹の刺身(皮付き)
鰹といえば刺身!刺身といえば皮付き!
詰り、タタキなんて無粋!、問題外と思われている。
静岡の鰹の刺身と言えばイコール皮付きを指す
そして、鰹の刺身というものは
中包丁を入れ、厚く切るのが正しい切り方

新玉葱と一緒に食べるのが正しい食べ方。
そして、鰹の刺身とは!皮付きが当たり前なのだ!
実際、鰹好きな男は、タタキなんぞは絶対相手にしませんよ。
皮付きは、新鮮でなきゃいただけませんからね。
本当の鰹の旨みが判る奴が毎年、
皮付き刺身を口にする季節を心待ちにしている。
目に青葉・山ホトトギス・初鰹の時季が
調度、静岡沖に回遊してきた時の鰹で最高に旨い鰹な訳。
古来より静岡の漁師は、鰹の一本釣り=腕一本で漁をしてました。
獲り過ぎるなんて事は有り得ませんでした。必要な分だけというのが
暗黙の了解。。。昔はなんでもそういう事を気をつけていた歴史があります。
エコ・・・エコですね。
静岡の漁師が、時季になると、
黒潮に向かい、一本釣りをしに船を出すわけです。
そういう傍で、なんとまあ~方々から、、、
静岡沖に鰹目指して集まります。
九州の方からデーター機器搭載した船が静岡沖の鰹を
根こそぎ攫っていくのが獲り過ぎだと、昔随分問題になりましたが。。。
その件はどうなったのやら。。。?
トニカク、一本釣りした鰹を、わざわざ、
『タタキなんかにするかっっての!』っていう漁師の味覚。
真似っ子江戸っ子も、そういう情報は早いです。
活きのいい!!皮付き刺身を、口に運んでくんな!にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へとなる訳でございます。

d0035823_231767.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ













最後までお付き合い頂き嬉しく思います。ありがとうございました。又お出で頂きたく・・・涙
[PR]

by karkowitch | 2007-05-06 23:01 | 創作料理の味