恋する・恋する・恋しい・・・




ワタクシ
以前、東京書作展に以下の様な自詠作品を出展した事がございました。




    < 幻の青の微笑み >

世界で最も美しい花を知っていますか

花に優劣などつけるつもりは毛頭ありませんが

青い花に限っては本当に本当に素晴らしい

幻の花があるのです   

絹糸を束ねでもしたように繊細でつややかなその花は

芽が出てから咲くまでに何年も何年もかかります

開く前のつぼみは固い刺のような剛毛に覆われて

標高五千メートルの空気の薄い過酷な場所で

ひっそりと咲く時を待ちます

モンスーン季のわずかな晴れ間の早朝

霧のカーテンに虹が立った時

荒涼とした高山の強風が吹きつける中で

        凛として

固いつぼみから顔を出し始める妖精

目が覚めるような深い空の青を持つその花は

     ヒマラヤのブルーポピー


書道家 : 星雨(雅号)ありがたくも優秀賞を戴きました。




このブルーポピー、わたくしが一生をかけて恋焦がれている花でございます。
いつも、ワタクシの頭の片隅に鎮座ましましているのでございます。。。。。
この目で見るなんて事は、99,999999%夢の又夢で、夢夢幻の花。

仮に、ワタクシが幾許も無い予命を賭けてヒマラヤに登ったとして、、、
いえ、、、、登れたとしても、果たせるかな、、、かの妖精がそのご尊顔を
拝ませてくれるかという事はありえないくらい有り得ない。。。。

そんな凄い花をワタクシは見てしまったのです!いともタヤスク。。。
有り得ない話ですが本当です。

このブログを、たまたま見た人は世界一(トニカク)です!。
  
上野の科学博物館へ行ってみてください。

我も々、競歩&速歩駆け足で入館してください。

女性の方は特権として~、 
前の人をネイルアートの長い爪でひっ掻き分け、  
甲高い裏声罵声を浴びせかけ、 
怯んだ一瞬の隙を逃さず!すり抜け、
文句言うヤカラは、ピンヒールで蹴りまくり、 
一人でも多く抜きん出るのだ! 
込んでるから、そ~やって進むしか他に方法は無いです・・・ムムム・・・・?
ただし 
(悪がき、仮病人、特に=超悪オヤジ及び、チョイ悪親父は真似しないように・・・)
オネエマンズ・・・・・もよ!!!
早く早くーーーーーーーーーっ!

昨日、銀座で、例の千葉マルチ先生も参加したVIP祝賀会から、次なる上野の博物館に移動した。 
そして私共は冗談抜き   
まさかまさかの...........一輪のその花の下で...............
  心臓爆発カウントダウン状態!
(因みに爆発時の威力=1000メガトン級と想定できます)


同行した一流の諸先生方も「感動の塊」のまま~~退館し。。。
目の前の。。。
屋台の。。。
石焼き芋(年間通して滅多に食べない)を、気が付いたらホクホクと。。。立ち食いしたので。。。ございます。。。どういう心境の変化か!??ムム無



   
d0035823_1612199.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
[PR]

by karkowitch | 2007-03-26 11:07 | 自作、自詠詩と一句