安堵 








夜祭りの歌や
人々の さんざめきの残響から
遠のきながら 
闇に留まりて 
我が 無窮のロマンを仰ぐ
燦然にして 確なるあなたを
今宵はなぜか
刹那的に幾度も見上げては
・・・・・・・・・・・・幾許も無く
フッと 
安堵の ため息を つく









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by karkowitch | 2007-02-21 15:14 | 自作、自詠詩と一句