映画の話一(武士の一分)




木村拓哉主演の 「武士の一分」 を観ました。 感動感動心が洗われました。
もう、、、理屈抜きで 何から何まで  素晴らしい! の一語に尽きます。 
天晴れ!!キムタク!!      
おまけもいいとこですが  話の中での食事風景、 
芋がらの煮付けが好物という設定ですが 
子供の頃、家の味噌汁の具に 時々、芋がらが出たので何だか、シミジミしたな~。 

木村がデビュー直前から惚れ込んでいるおいらです。
どこに惚れてるかって?
彼の性格は半端じゃない。
やる時は絶対的に決める。
不言実行型(サムライ)
魂は上品
バランスが良い
熱い根性と熱いハート、シャイなところが良い
オイラ好みのイケ面だし~
声もセンスも人生感も最高なのさ!!
実際、彼を知った男は・・・男が男に惚れるっていう典型的タイプ
これからも
絶対的に 応援していきます。
以上。








 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]

by KARKOWITCH | 2006-12-09 21:14 | 映画の話