上海の結婚式

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

またまた 上海に行っておりました。と言うのも、
去年から頼まれていた上海での結婚式列席及びちょっとした手伝いとその他の付き合い。中国ってヤッパリ赤が縁起良いわけで、最高峰は金色ですが一般的には赤をふんだんに、アチコチに取り入れてめでたさを表現するみたい。玄関ドアーや、窓、椅子の後ろやらに赤い紙を貼り付けてあった。国が違えばやり方も相当違うものだな~と思う事しきり。。。先ず、結婚式当日までには作られている、数日掛けてのロケハンが凄いの何の!(勿論、新郎新婦のアルバム制作用)新郎新婦は式のスタイルでもって 防波堤やら横断歩道やら川原やら、どこかの高層ビルの最上階やら?であらゆるポーズを指示されて撮影をこなす。この辺の状況は以前何度か、韓国に行った時も負けてない感じだけどね!(笑)それだけでも相当参っちゃうんですが(私が勝手に参っているだけですけど・爆~) 
今度は日を変えて結婚式当日・・・
朝から家族、親族、友人などが加わり、何度も何度もリハをやってから親子の挨拶辺りも入れて、ドラマチックな一連の構成を踏まえDVD撮りをやるのですよ~(無。。。)雨が降った日にゃ大変だ  でも今回は相当な日差しの上に強風だった。ウォーターフロントでの延々とした撮影中、日差しが背中や脳天を思イッキし突き刺してきたのですけれども。。。延々と撮影は続く・・・皆さん笑ってはいますが辛そうな人も(笑)そんな風な慣わしですからやはり、花嫁さんはこの時は、スター中のスター、、、ってか、お姫さまそのもの~、更に『女王様』・・・そうなんだ!!一番綺麗な時に、一番綺麗なお姫様スタイルでプロの指示で最高の姿を残すって。記念写真のアルバムは特大サイズで表紙なんてアルミ合金で出来ていた。一冊に付き20ページ以上でその枚数分の違ったシーンが納められている、それが2冊もある!(凄過ぎる)漸く夜に成って結婚式本番・・・・・・・・・・・・・
式そのものは、数百人が列席する中、9割方が花嫁さん側だった。そういうものらしい、そして日本の様な、仰々しい引出物は一切無しで、はっきりしている。その代わり、名刺代わりの小さな可愛らしい小箱の中にキッスチョコが数個入っているのを一個づつ皆様の席に置いてあった、それだけです。こういう慣わしは有る意味、(引出物?に関しては)GOODかもねー。場所は上海の森ビルの隣の、やはり超高層ビルの上の方。このビルにもツアーや、個人観光客が引きも切らない見学場所となっていた。御祝儀は皆様ゴッソリ奮発する。ハネムーンは花嫁さんの希望を通す。まあ総て新婦さんの為に結婚式はある様です。(それらが日本の比では無いのだ)我々は花婿側ですから少数。花嫁さんが式中盤でテナー・サックスを演奏するシーンが有りましたが非常にカッコ良かったです。テーブルの上は次から次へ大皿が運ばれて来て延々終わらない。凄い。でね、途中帰りたい者は勝手に帰ったりして自由だ。どっちにしても一連の経費、新郎側が全部お金を出していた。花嫁さんが希望した新居となったウォーターフロントの高層マンションも、花婿の両親が買ったのでした。国を挙げての一人っ子政策の中で生まれた二人ですからどちらも勿論一人っ子で姉妹兄弟無し。日本で言ったら新郎は一粒種のしかも長男(特別?)という立場ですが、そんな意識は中国では全く関係無く兎にも角にも花嫁側中心なのが、有る意味男らしいと云えます。後日・・・二人は花嫁さんが希望のマルタ島へ飛び立って行った。  あくまでも撮影主体の結婚式。。。ムム無          
まあ、万博の性で成田からの上海の往復飛行機代はいつもの3倍以上に跳ね上がってましたが、今回は、歩いて行くには調度良い距離だったので毎日、南京道路やガイデンブリッジ(外白渡橋)周辺を朝夕に散歩、お台場の様な場所ですけどね。今回私がちょっと海を行き来する船を眺めていたら、パリ在住のフランス老人に何処から来たのかと話掛けられたり、ハルピンから来たと言う青年に、一緒に写真撮らないか?みたいに声掛けられたりし、二人と知り合った(笑)皆さんツーリスト。上海の目まぐるしい変貌振りを目の当たりにする事が出来ました。超高層ビル群がドンドン広がっているのだ。都会から離れると埃っぽい瓦礫の様な風景が広がっているが、何せ大陸ですから規模が違うし。。。人々の格差も相当なものです。しかし~もうこの勢いじゃ、日本は敵わないですね。同行した中の一人が冗談でこう言った『1年前辺りに上海に行ったって言っても、古いと笑われるだけだよこれじゃあ』 何だか言い得て妙で、つい爆笑してしまった。









d0035823_16364431.jpg



d0035823_1637650.jpg
それからね、前回で食べた美味しいフルーツはこんなの、『パイナップル蜜』って言うのだそうです。好きだから、又食べちゃった、毎日食べたい感じー。











最後までお付き合いくださいまして有難う御座います。どうぞ又お越しくださいね ☆感謝☆
[PR]

by karkowitch | 2010-04-28 09:00 | 旅の話[海外の事]